観光MaaS「モビコマ®」β版を「Honda EveryGo」へ提供開始 ~カーシェアサービスでも車内であらたな移動体験を提供~

ニュースリリース/NTTデータ

2022年11月8日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、自動車内での移動をより快適にする観光MaaSサービス「モビコマ®」β版を、カーシェアサービスを手掛けるホンダモビリティソリューションズ株式会社(以下、HMS)へ2022年11月注1から提供開始します。「モビコマ」の提供は、レンタカー事業を手掛けるオリックスレンタカー注2に続き2社目です。今回、レンタカーとは利用シーンの異なるカーシェアサービスを対象とした「モビコマ」利用の可能性を検証します。
「モビコマ」は、車内に設置された複数の専用タブレットを通して、同乗者全員が同じ情報を共有しながら旅のプランを自由に設定することができます。位置情報を元にキャラクターがおすすめスポットの情報を届けるなど、車を単なる“移動手段”から“新しい移動体験”へと変えるサービスです。
レンタカー・カーシェア事業者は本サービス導入により、ユーザーへ車での移動の新たな魅力を提供できます。さらには、タブレット端末によって車内に顧客接点を持つことができるため、新たな収入源を生み出すことも可能です。
NTTデータは今後、2023年度に「モビコマ」を商用化し、レンタカー・カーシェア事業者への提供拡大を目指します。さらには自家用車への展開や自動運転車への搭載に向けて検討を進め、車での移動に高い価値を提供していきます。

背景

NTTデータは『情報技術で、新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する。』という企業理念を掲げています。この実現には、これまでの顧客とのビジネスを通じて培った業種・業界の垣根を越えたネットワークを生かして、パートナー企業とともに生活者起点で新しいビジネスを推進することが必要と考えています。
その一つとして、自動運転時代の到来を見据え、移動中のサービス提供機会・顧客接点をあらたに創出することを目的に、2020年6月にモビリティコマースサービス構想注3を掲げました。そして、これまでにさまざまな企業と協力し、技術検証注4や、サービスの有用性検証注5、さらには、観光MaaS「モビコマ」β版を開発し2022年6月よりレンタカー利用者に提供してきました。
今回は、カーシェアEveryGoを提供するHMSに観光MaaS「モビコマ」β版を提供することとなりました。
「モビコマ」は現在、非日常(旅行)での利用に主眼を置いていますが、将来的にはカーシェアによる日常利用にも拡大することを目指しており、カーシェアにおける「モビコマ」利用の可能性などの検証も行います。
また、β版リリース後に車内設置のタブレットでの広告・送客ビジネスの潜在的な可能性が見えてきており、観光事業者・自治体・広告代理店などからも高い関心が寄せられているため、今後は広告・送客の検証にも力を入れます。

モビコマ概要

「モビコマ」は車での旅の時間を楽しむサービスです。車内のタブレットを使って、同乗者で同じ情報を共有しながら旅のプランを作成、目的地や穴場スポットの情報を受け取ることができます。さらにカラオケや話題ルーレットなどの盛り上がりコンテンツも楽しむことができます。

モビコマ公式サイト

https://www.mobicomma.com/

提供先事業者

カーシェアサービスを提供するHMSと協業して、以下の通り提供します。

提供期間 11月14日~1月31日(予定)
対象者 一般旅行客
取り扱いステーション ホテル ストレータ那覇 https://okinawa-uds.co.jp/hotels/strata-naha/
ホテル アンテルーム 那覇 https://okinawa-uds.co.jp/hotels/anteroom-naha/

主な検証内容

「モビコマ」のカーシェア事業への展開を目指して、カーシェアにおける「モビコマ」の利用動線やオペレーション等を検証します。
また、将来的な広告・送客ビジネスの確立を目指し、今回は、車内設置のタブレットからおすすめされたスポットへ利用者が送客された実績を収集して、タブレットにおける観光スポットの広告表示による可能性を検証します。

今後について

NTTデータは、2023年度には「モビコマ」の商用化を目指します。以下のさまざまな事業者と調整を重ね、複数社への導入や対象エリアを拡大していきます。さらには自家用車への展開や自動運転車への搭載に向けて検討を進めています。

移動事業者 自動車会社
  • 自家用車や自動運転車への提供を見据えたロードマップの検討や具体的な提供イメージの検討を行う。
レンタカー・カーシェア事業者
  • NTTデータが持つモビコマプラットフォームを用いて、沖縄やその他エリアでの実証実験を行う。
観光事業者・自治体
  • モビコマに搭載するスポット(観光地・飲食店など)の充実化、保有コンテンツを使った新規サービスの検討を行う。
  • 観光需要の喚起、地域経済の活性化を見据えて、旅行客向けに高付加価値サービス・コンテンツの検討を行う。
広告代理店
  • 車内設置のタブレットによる広告・送客ビジネスの検討を行う。

NTTデータが描く自動車業界の未来

NTTデータは、業界・技術のForesight起点で未来を構想し、共創パートナーとしてお客さまの成長とビジネス変革を実現していきます。
自動車業界では、CX(顧客接点領域)/MX(新モビリティ領域)/EX(環境エネルギー領域)の3つのテーマを掲げ、多種多様な業種・業界との連携を通じて、さまざまな自動車利用シーンにあわせた新サービスの提供に取り組んでいます。

注釈

  • 「モビコマ」は、株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
田中
TEL:080-1724-5429

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
法人コンサルティング&マーケティング事業本部
法人コンサルティング&マーケティング事業部
FDX担当
赤司、菖蒲、柿本
TEL:090-5786-9901
E-mail:cnm-tt@kits.nttdata.co.jp

製造ITイノベーション事業本部
第一製造事業部
第一統括部モビリティビジネス企画担当
住田、神谷
TEL:090-5764-6606