2020.12.23特集

2020年冬のトレンドは、90年代発売のあの名曲?―脳科学×AIが届ける新たな音楽との出会い―

時代とともに変わりゆくトレンド。ビジネスを成功に導くカギともいえる、“トレンドの先読み”をAIで行う事が出来ないか。今回紹介するのは、こんな願いを叶えるような取り組みです。
NTTデータが保有する最新の脳科学の技術をもとに、「曲を聞いた時の脳活動推定」を元に導き出された「2020年の音楽トレンド」。このトレンドに最も近い過去の楽曲は、なんと1992年にリリースされた稲垣潤一の「クリスマスキャロル」でした。
分析過程の紹介とともに、脳科学×AIによるトレンド分析の可能性をひも解きます。

無意識の領域から音楽トレンドを掘り起こす

今回の分析で用いた技術NeuroAI-Musicは、音楽を聴いているときの脳活動をシミュレーションするもの。実際に被験者に音楽を聞かせなくても、音楽に対する複雑な脳の反応を評価することができます。これまでNTTデータでは、広告動画などを対象にこうした脳情報を利用することで、従来のAIよりも正確に広告効果推定ができることを示してきました。今回行ったのは、楽曲の特徴を脳情報として可視化し、ヒットチャートとの関係を科学的にAIに理解させるもの。それによってAIに音楽マーケットのトレンドを予測しようとする世界でも類の無い試みです。

NTTデータとNTTデータ経営研究所は、人間の脳活動を推定する技術 NeuroAIとBillboard Japanのチャートデータ楽曲を用い、1年にわたる共同研究の末、脳情報化による新たな特徴の獲得、ヒットソングの特徴の可視化、未来の音楽トレンドを予測することに成功しました。

脳科学×AI活用の可能性(1)新たな楽曲との出会いを提供

現在の楽曲ストリーミングサービスで一般的になっているプレイリスト形式の利用は便利な反面、ユーザーの行動履歴に基づいて作られるなどの理由で、ジャンルや年代が一定になりやすい傾向があります。そこで、脳情報を利用することで、「聴いた時に脳へ与える刺激が似ている」という観点で楽曲を選ぶことができます。例えば、瑛人の香水(2020)から石川さゆりの天城越え(1986)がリコメンドされるような、ジャンルも年代も超えたプレイリストが出来上がります。今までは聴かなかったようなジャンルからも、好きになれる楽曲との出会いを提供します。

“NeuroAI selected Playlist”与える脳刺激が似ている楽曲をリスト化

脳科学×AI活用の可能性(2)なぜこの曲が流行ったの?「ヒット要因の可視化」でヒット曲を量産!?

これまではヒットソングの人気の理由を定量的に分析することは難しく、後付けで定性的な分析をしていました。しかし、歌詞、コード進行等の分析に加え、音楽を聴いているときの脳活動情報を得ることで、ヒットの要因を可視化できるようになりました。
可視化したヒットの要因を使えば、ヒットの可能性を大きく秘めた楽曲をつくることが可能となります。

コロナ拡大前後の歌詞の変化
コロナ拡大前と、コロナによる自粛等が始まってからの楽曲の歌詞から単語を抽出し、変化の大きかった単語を大きさで表現。「夜」、「君」、「僕」など、自粛期間を反映するような閉じた世界観を連想させる単語が増加

楽曲特徴を脳情報化した楽曲マップ
NeuroAI-Musicを用いて脳活動を予測したデータと楽曲の音声信号の周波数解析から音色の特徴を抽出し分析した結果をプロット

脳科学×AI活用の可能性(3)本当にトレンディな曲のランキングは?

ヒットの要因を更に定量的に分析し、トレンドを把握するため、アーティストの既存の人気などの影響も加味したうえで、楽曲の特徴(脳情報・歌詞特徴・コード進行特徴等)のみ定量化する“チャートモデル”を制作しました。これはどんな楽曲を持っているものが、その週のチャートポイントを多く獲得するのかを定量的に説明する「その週のヒットの方程式」のようなもの。
Billboard JAPAN HOT 100の2020年上半期チャートを対象とし、実際のランキングと楽曲特徴チャートモデルに基づくランキングを比べると、後者ではOfficial髭男dism、LiSA、菅田将暉などに加え、wacci、ヨルシカ、iriといった次世代アーティストたちもランクインする、新旧の楽曲が混交するランキングとなりました。このチャートモデルにより、楽曲の特徴からトレンドを把握する可能性を見出すことができました。

Billboard JAPAN HOT 100(総合ポイント)トップ20 楽曲特徴のみに基づくスコア トップ20
1位 Pretender Official髭男dism 1位 別の人の彼女になったよ wacci
2位 I LOVE… Official髭男dism 2位 紅蓮華 LiSA
3位 白日 King Gnu 3位 Pretender Official髭男dism
4位 紅蓮華 LiSA 4位 ただ君に晴れ ヨルシカ
5位 宿命 Official髭男dism 5位 まちがいさがし 菅田将暉
6位 D.D. Snow Man 6位 花に亡霊 ヨルシカ
7位 イエスタデイ Official髭男dism 7位 LOVE SCENARIO iKON
8位 まちがいさがし 菅田将暉 8位 Stand Out Fit In ONE OK ROCK
9位 Imitation Rain SixTONES 9位 君はロックを聴かない あいみょん
10位 マリーゴールド あいみょん 10位 Dropout SEKAI NO OWARI
11位 115万キロのフィルム Official髭男dism 11位 ハルノヒ あいみょん
12位 バッド・ガイ ビリー・アイリッシュ 12位 ノーダウト Official髭男dism
13位 ノーダウト Official髭男dism 13位 会いたいわ iri
14位 Teenager Forever King Gnu 14位 空の青さを知る人よ あいみょん
15位 馬と鹿 米津玄師 15位 クリープハイプ
16位 しあわせの保護色 乃木坂46 16位 どろん King Gnu
17位 Lemon 米津玄師 17位 脳漿炸裂ガール れるりり
18位 ソンナコトナイヨ 日向坂46 18位 アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN) MISIA
19位 無限大 JO1 19位 怪物さん feat.あいみょん 平井堅
20位 インフェルノ Mrs.GREEN APPLE 20位 Wherever you are ONE OK ROCK

対象期間:2019年11月25日(月)~2020年5月24日(日)
図:Billboard JAPAN HOT 100の2020年上半期と楽曲特徴のみからトレンドを評価したランキング

未来のランキングを予測する

このチャートモデルを用いてトレンド楽曲の特徴を把握することで、過去のランキングの変化パターンを学習し、未来に支持される楽曲特徴を予測することもできるようになりました。
実際のチャートデータに加え、「急に聴かれるようになった」楽曲について指標化したデータ(急上昇トレンド指標)を対象に新たなチャートモデルをつくり、将来のランキングを予測したところ、4か月後のランキングを高い精度で予測できました。

例えば、2020/7/20週のチャートデータを2020年3月に予測したところ、YOASOBI、ヨルシカ、Rin音、Novelbrightなどによる楽曲の順位上昇を予測が的中しています。

2020年7月20日週の急上昇トレンドランキング

2020年3月に予測したランキング 実際のランキング
1位 夜に駆ける YOASOBI 1位 裸の心 あいみょん
2位 ただ君に晴れ ヨルシカ 2位 夜に駆ける YOASOBI
3位 花に亡霊 ヨルシカ 3位 花に亡霊 ヨルシカ
4位 だから僕は音楽を辞めた ヨルシカ 4位 snow jam Rin音
5位 snow jam Rin音 5位 秒針を噛む ずっと真夜中でいいのに。
6位 Walking with you Novelbright 6位 ただ君に晴れ ヨルシカ
7位 別の人の彼女になったよ wacci 7位 欲望に満ちた青年団 ONE OK ROCK
8位 君の知らない物語 supercell 8位 星影のエール GReeeeN
9位 秒針を噛む ずっと真夜中でいいのに。 9位 パラボラ Official髭男dism
10位 宿命 Official髭男dism 10位 Walking with you Novelbright
11位 ADAMAS LiSA 11位 怪物さん feat.あいみょん 平井堅
12位 裸の心 あいみょん 12位 別の人の彼女になったよ wacci
13位 ビンテージ Official髭男dism 13位 115万キロのフィルム Official髭男dism
14位 さよならの今日に あいみょん 14位 だから僕は音楽を辞めた ヨルシカ
15位 ハルノヒ あいみょん 15位 Wherever you are ONE OK ROCK
16位 コーヒーとシロップ Official髭男dism 16位 紅蓮華 LiSA
17位 空の青さを知る人よ あいみょん 17位 TSUNAMI サザンオールスターズ
18位 満月の夜なら あいみょん 18位 未完成 家入レオ
19位 マリーゴールド あいみょん 19位 君がくれた夏 家入レオ
20位 涙そうそう 夏川りみ 20位 夏色 ゆず

図:2020年7月20日週のランキング(予測と結果)

今年の冬は稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」で決まり

この技術を用いて1990-2015に流行した冬ソングを分析し、2020年現在のトレンドに近い順番に並び替えると以下の表の通りになりました。
上位には切ない曲も明るい曲もランクインし、発売年もバラバラです。脳科学を用いると、思いもよらないトレンド曲が見つかることがわかります。
今年のクリスマスパーティは、最もトレンドを抑えた「クリスマスキャロルの頃には」で盛り上げてみてはいかがですか。

順位 曲名 歌手名 発売年
1位 クリスマスキャロルの頃には 稲垣潤一 1992年
2位 SEASONS 浜崎あゆみ 2000年
3位 departures globe 1996年
4位 冬がはじまるよ 槇原敬之 1992年
5位 寒い夜だから・・・ TRF 1994年
6位 White Love speed 1998年
7位 ロマンスの神様 広瀬香美 1993年
8位 スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI 2014年
9位 Winter, again GLAY 1999年
10位 冬のうた kiroro 1998年
11位 レット・イット・ゴー~ありのままで~ 松たか子 2013年
12位 粉雪 レミオロメン 2006年
13位 WISH 2005年
14位 WHITEBREATH T.M.Revolution 1997年
15位 All I Want for Christmas Is You Mariah Carey 1994年
16位 白い恋人達 桑田佳祐 2002年
17位 Everything MISIA 2001年
18位 クリスマス・イブ 山下達郎 1983年
19位 雪の華 中島美嘉 2003年
20位 Lovers Again EXILE 2007年

より多くの人に、新しい音楽との出会いを

自分がよく聞くジャンルや好きな歌手の曲ではなくても、ふとCMやコンビニで耳にして、「この曲いいな」と思うことがありますよね。世界が広がるような新しい出会い(セレンディピティ)を偶然に頼らず、脳科学を用いて必然的に生み出すこともできる楽曲分析。他にも、レコード会社に対しトレンド楽曲の特徴を踏まえたリリース曲の選定サポートをしたり、YouTubeなどの配信プラットフォームから新人発掘のサポートをしたりといった用途への展開も期待されています。

今後も、音楽との出会いを広げるために、音楽チャートと脳科学的な分析を組み合わせた研究開発を進め、精度向上とサービス提供を目指します。

関連ページ

脳科学とAIで音楽トレンドを可視化、ヒットソング予測に成功(https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2020/090300/
脳情報通信技術から生まれた基盤技術 Neuro AI (https://nttdata-neuroai.com/

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -
お問い合わせ