環境

気候変動問題をはじめとした環境負荷低減に関する、NTTデータのビジョン、具体的な取り組みをご紹介します。

NTTデータグループでは従前より、私たちが創り出すITシステムと私たち自身の事業活動が環境に与える負荷の削減に努めてきました。近年、より深刻さを増す気候変動問題に対し、グループ一体となり取り組みを進めるべく、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた気候変動対応ビジョン「NTT DATA Carbon-neutral Vision 2050」を新たに策定しました。

情報技術は、これまで私たちの暮らしに多くのInnovationをもたらしました。気候変動対応においても、情報技術の活用は不可欠といえます。

私たち自身のカーボンニュートラルへの取り組みを推進する「Green Innovation of IT」。 そして、当社のデジタル技術活用やお客さまとの共創による、お客さまや社会全体のカーボンニュートラル実現や、異常気象等への気候変動対応力(レジリエンス)強化への貢献を目指す「Green Innovation by IT」。この2つの「Green Innovation」の推進を通じて、気候変動に対応した新たな社会の実現を目指します。

「情報技術でより良い社会を創る」変わらぬ信念のもと、これまでに培った気候変動に関するノウハウと先進技術を組み合わせ、取り組んで参ります。

藤原 遠

代表取締役副社長執行役員
藤原 遠

NTT DATA Carbon-neutral Vision 2050

NTTデータでは環境方針環境目標に基づき、2050年のカーボンニュートラル実現に向けた新たなビジョンNTT DATA Carbon-neutral Vision 2050を策定し、取り組みを行っています。

”NTTデータは2050年の社会のカーボンニュートラルに向け、Green Innovationを通じ、自社のサプライチェーンを通じた温室効果ガスの排出削減のみならず、お客様や社会のグリーン化へ貢献をしていきます。 2040年に Scope 1、2 のカーボンニュートラル、2050年に Scope 1~3 のネットゼロ実現を図ります。”

気候変動アクション推進委員会

NTTデータでは、NTT DATA Carbon-neutral Vision 2050のもと、全社をあげて気候変動問題への取り組みを推進するため、2020年11月に気候変動アクション推進委員会を立ち上げました。本委員会によって各事業部門の活動を管理、グリーンビジネス・グリーン電力・グリーン購買・働き方改革等、事業を通じた社会貢献の取り組みを強化します。

Green innovation of ITGreen innovation of IT

自社のサプライチェーンを通じた
温室効果ガス排出量の削減

SBT目標
FY2030までに温室効果ガス排出量
60% 削減
(対FY2016)

SCIENCE BASED TARGETS

Green innovation by ITGreen innovation by IT

IT活用による社会・お客様のグリーン化貢献

イニシアティブ等への参加・賛同状況

NTTデータグループは国内外のさまざまなイニシアティブ等に積極的に参画し、気候変動対応を進めています。

ニュース

社会のグリーン化に貢献する NTTデータの取り組み

NTTデータの環境活動

NTTデータグループの環境活動に対する姿勢とアクションプランを示します。
NTTデータグループの環境目標を示します。
NTTデータグループの環境マネジメントシステムとISO14001認証取得状況を示します。
環境負荷削減に貢献するNTTデータグループのシステム・ソリューションをご紹介します。
NTTデータグループおよびNTTグループで行っている事業以外の環境活動をご紹介します。