環境

気候変動問題をはじめとした環境負荷低減に関する、NTTデータのビジョン、具体的な取り組みをご紹介します。

NTTデータグループでは従前より、私たちが創り出すITシステムと私たち自身の事業活動が環境に与える負荷の削減に努めてきました。近年、より深刻さを増す気候変動問題に対し、グループ一体となり取り組みを進めるべく、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた気候変動対応ビジョン「NTT DATA Carbon-neutral Vision 2050」を新たに策定しました。

情報技術は、これまで私たちの暮らしに多くのInnovationをもたらしました。気候変動対応においても、情報技術の活用は不可欠といえます。

私たち自身のカーボンニュートラルへの取り組みを推進する「Green Innovation of IT」。 そして、当社のデジタル技術活用やお客さまとの共創による、お客さまや社会全体のカーボンニュートラル実現や、異常気象等への気候変動対応力(レジリエンス)強化への貢献を目指す「Green Innovation by IT」。この2つの「Green Innovation」の推進を通じて、気候変動に対応した新たな社会の実現を目指します。

「情報技術でより良い社会を創る」変わらぬ信念のもと、これまでに培った気候変動に関するノウハウと先進技術を組み合わせ、取り組んで参ります。

代表取締役副社長執行役員
藤原 遠

藤原 遠

NTTデータでは環境方針環境目標に基づき、2050年のカーボンニュートラル実現に向けた新たなビジョンNTT DATA Carbon-neutral Vision 2050を策定し、取り組みを行っています。

NTT DATA Carbon-neutral Vision 2050

”NTTデータは2050年の社会のカーボンニュートラルに向け、Green Innovationを通じ、自社のサプライチェーンを通じた温室効果ガスの排出削減のみならず、お客様や社会のグリーン化へ貢献をしていきます。 2040年に Scope 1、2 のカーボンニュートラル、2050年に Scope 1~3 のネットゼロ実現を図ります。”

気候変動アクション推進委員会

NTTデータでは、NTT DATA Carbon-neutral Vision 2050のもと、全社をあげて気候変動問題への取り組みを推進するため、2020年11月に気候変動アクション推進委員会を立ち上げました。本委員会によって各事業部門の活動を管理、グリーンビジネス・グリーン電力・グリーン購買・働き方改革等、事業を通じた社会貢献の取り組みを強化します。

Green innovation of ITGreen innovation of IT

自社のサプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量の削減

SBT目標
FY2030までに温室効果ガス排出量
60% 削減(対FY2016)

SCIENCE BASED TARGETS

Green innovation by ITGreen innovation by IT

IT活用による社会・お客様のグリーン化貢献

グリーンビジネスの創発・拡大
(事業を通じたグリーン化貢献)

イニシアティブ等への参加・賛同状況

NTTデータグループは国内外のさまざまなイニシアティブ等に積極的に参画し、気候変動対応を進めています。

ニュース

社会のグリーン化に貢献するNTTデータの取り組み事例

地方銀行向け共同利用型システムである「地銀共同センタ」は2004年1月にサービス提供を開始し、2021年時点で13行がシステムの共同利用を行っています。
これにより、これまで約76%の炭素排出量削減を実現してきました(※1)。さらに、2030年度までにOMC(※2)化や運用共通化により81%程度の削減、グリーン化(脱炭素)への貢献を目指していきます。

  • ※1 共同センタ電力の削減値はサンプリング等によるシミュレーション値
  • ※2 OMC(Open Mission Critical)基盤:主に金融および公共分野のメインフレーム上で動作してきた大規模ミッションクリティカルシステムをオープン化するための基盤。

ブロックチェーン技術を活用した貿易プラットフォーム“TradeWaltz”の導入により、これまで商社と貿易実務者間で行っていた紙ベースのやり取りを100%電子化。
温室効果ガスの年間排出量を大幅に削減する見込みです。

アナログ貿易
商社と貿易実務者の紙ベースのやりとり

デジタル貿易
ブロックチェーン技術を用いた貿易PF
TradeWaltzを介した100%電子のやり取り

物流の最適化、紙書類の輸送低減、紙書類の削減

2019年1月に「NTTデータ 量子コンピュータ/次世代アーキテクチャラボ」を設立。
量子コンピュータは、従来型コンピュータを用いた場合に計算量が爆発的に増える最適解を瞬時に計算できるため、多くの最適化を通じてエネルギー負荷の低減および気候変動問題の解決に役立ちます。

例えば、複数台のトラックによる自動販売機への飲料・釣銭補充の配送ルートを最適化することで交通量を削減し、温室効果ガス削減に貢献します。

複数台トラックによる配送ルート最適化の内部検証例 複数台トラックによる配送ルート最適化の内部検証例

環境負荷低減と安心・安全な社会基盤を実現する「三鷹データセンターEAST」を2018年4月に開設。
中水(※3)利用や高効率空調機等の環境性能が評価され、LEED(※4)のバージョン4で、GOLD認証を取得しています。
データセンター用途の施設としては、日本で初の認証取得です。

三鷹データセンターEAST
LEED GOLD認証
  • ※3 生活排水や産業排水を処理して循環利用する水道。具体的には水洗トイレの用水等に使用する。
  • ※4 「三鷹データセンターEAST」がLEED GOLD認証を取得
効果1 外気冷房による環境負荷低減
PUE(※5)=1.3以下(設計値)

自然エネルギー(外気)を直接取込み、建物全体に循環させる方式を採用することで、空調電力消費を大幅に低減し、環境負荷を軽減します。

効果1 外気冷房による環境負荷低減
  • ※5 Power Usage Effectivenessの略、電力使用効率。
効果2 太陽光発電パネルによる温室効果ガス削減
温室効果ガス削減量(年間)=16,813Kg(2019年度実績)

屋根には合計90kWの太陽光発電パネルを設置し、クリーンエネルギーを使用することで温室効果ガス削減に貢献しています。

効果2 太陽光発電パネルによる温室効果ガス削減

NTTデータNJK(北陸事業所)において、事業所敷地内で太陽光発電を実現。
発電量の100%(年間発電量約50万kWh)を北陸電力株式会社に供給しています。

NTTデータNJK(北陸事業所)

NTTデータはスマートシティの実現に向けた新ブランド「SocietyOS™(ソサエティオーエス)」(※6)を2021年1月より創設。
生活者視点で価値のあるサービスやソリューションを展開し、デジタル時代における社会やまちづくりの全体像をデザインしていきます。

SocietyOS™(ソサエティオーエス)

NTTグループの予測技術・人流分析等の活用によりお客様数を予測し、店舗の仕入れ量へ反映し、フードロスを削減します。
(NTTアーバンソリューションズ、NTTスマートデータサイエンスセンタと連携して実施)

街づくりDTC
WITH HARAJUKU 原宿駅側外観(南側)

WITH HARAJUKU 原宿駅側外観(南側)

実証実験

https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2021/033001/

グローバルで気候変動による異常気象とそれによる災害が増える中で、災害に強い都市や空港、港湾、あるいは電力等の社会インフラの整備や森林資源の保全等が求められています。
これにはその立地の特性(インフラ設置の適性や脆弱性)も踏まえた検討が必要で、それには高精度3D地図やさまざまな情報を組み合わせた分析が必要となります。
NTTデータでは、AW3Dを活用して、世界130ケ国以上、2,000以上のプロジェクトの支援を行ってきました。
AW3Dは、人工衛星で撮影された世界最高精度の衛星画像をもとに、NTTデータが一般財団法人リモート・先進技術センターと協働して世界トップクラスの画像処理を施し、提供する「デジタル世界3D地図」です。
NTTデータは、国立研究開発法人宇宙航空開発気候(JAXA)と連携し、JAXAが研究開発を進める新たな技術を活用して3D地図の高精度化に関する研究にチャレンジします。
実現後に、都市デジタルツイン(※7)のスマートシティ分野や森林資源量把握の環境分野への応用の研究を進める予定です。

左上:通信インフラの整備、左下:防災、右上:高精細版地形データ(サンフランシスコ)、右下:日本全国高精細3d地図

左上:通信インフラの整備、左下:防災、
右上:高精細版地形データ(サンフランシスコ)、右下:日本全国高精細3D地図

高度な画像処理アルゴリズム×高速処理システム

高度な画像処理アルゴリズム×高速処理システム

  • ※7 都市に関して、センサー等から取得したデータをもとに、建物や道路等のインフラ・経済活動・人の流れ等の様々な要素を、サイバー空間上に「双子(ツイン)」のように再現したもの

トヨタ自動車のモビリティサービス・プラットフォーム開発やコネクティッドカーから収集されるデータ活用を担うトヨタコネクティッドと、NTTデータがタッグを組むことで、モビリティの新ビジネス創出に取り組んでいます。

スマートシティ構想を視野に入れた
モビリティサービス・プラットフォームの機能強化とコネクティッドカーの世界展開

モビリティサービス・プラットフォームの
開発・運用力の強化・高度化

グローバル規模での
プラットフォーム事業の拡大

スマートシティ構想
実現への寄与

効率的な運転や移動経路の最適化が可能となり、無駄なエネルギー消費を抑制することで環境負荷を軽減します。

2020年6月18日から、アフターコロナの世界における安心・安全な移動を支援するアプリ「おでかけ混雑マップ」(無償)を提供、混雑を回避する行動促進、無駄な移動の抑制に繋げ、温室効果ガスの排出削減など環境負荷軽減に貢献。

街の動きを地図上に可視化するリアルタイム人口データの配信サービス開始
「モバイル空間統計人口分布統計(リアルタイム版)」のデータと、気象データや人流データ、道路交通情報をBizXaaS MaPの配信基盤上で地理空間情報と掛け合わせることで、近未来の人や車の動きを予測。

飲食店等でのフードロス削減や、製造業等ではリアルタイムの人手状況を把握し生産性・流通量の最適化等温室効果ガス排出削減。
渋滞を回避した運転によるCo2排出量の抑制によって環境負荷を低減。

リアルタイム人口データからの店舗来客予測の例

学習

過去の人口変動による来客数を学習させ、予測用の学習済みモデルを生成

予測

最新の人口情報を基に、AIによる来客数予測

活躍が期待される業種

小売業

飲食店

製造業・卸売業

メーカー/卸などの各種営業

自治体・公共交通機関・イベント

遠い場所からでも、さまざまな売場で遠隔接客を可能にすることで、買い物の利便性を向上。

来店されたお客様へ動画やポスターでサービスをご案内し、売り場へ誘導

商品ディスプレイと一体化したアバター呼び出し画面で接触しやすさを醸成

遠隔にいるビューティコンシェルジュが補足画像を表示しながら、お客様一人一人におすすめの商品をご案内

遠隔操作でアバターを介することで、人・物の移動のエネルギー削減ができ温室効果ガス排出削減を実現します。
接客した消費者の性別・世代・表情からの感情推定と対話データをかけ合わせ、消費者のニーズに合わせた接客を行います。

NTTデータグループの環境活動に対する姿勢とアクションプランを示します。
NTTデータグループの環境目標を示します。
NTTデータグループの環境マネジメントシステムとISO14001認証取得状況を示します。
環境負荷削減に貢献するNTTデータグループのシステム・ソリューションをご紹介します。
NTTデータグループおよびNTTグループで行っている事業以外の環境活動をご紹介します。