2022.02.28

「Mana PlaS®」で事業変革を柔軟にサポートする新たなアウトソーシングサービスの創出へ

働き方改革、COVID-19、そしてゼロトラストという新たな概念。ITインフラに関して、お客様が向き合う課題は次々に変化し続けています。その中で最新・最適なネットワーク&セキュリティを提供するネットワークソリューション事業部もまた、乱立する競合サービスの追随を許さない、最適な提案を示すことが求められています。マネージドアウトソーシングサービス「Mana PlaS®」をベースに、さらなる新しいサービスを生み出すため、事業部長の甲原智徳がメンバーに発信している熱いメッセージがあります。さらに、メンバーの取り組みを最大化するための組織作りについても紹介します。

Index

甲原 智徳
コンサルティング&ソリューション事業本部
ネットワークソリューション事業部長 兼 営業統括部長

1998年、NTTデータ入社。現ネットワークソリューション事業部配属。大手製造業の基幹ネットワーク更改・維持にSEとして参画、その後同事業部・営業へ異動。2013年、ソリューション&テクノロジーカンパニー営業部へ異動。2016年、ビッグデータビジネス推進室(現Data&Intelligence事業部)にて、営業および事業運営に従事。2018年、NWS事業部営業統括部にて営業組織をマネジメント。2021年7月より現職。

お客様のために絶対に譲れない「個別最適」の部分を絞り込む

NW_kouhara_01

ネットワークソリューション事業部は、最新・最適なネットワーク、セキュリティ、コミュニケーション基盤をサービスとして提供し、お客様のビジネス拡大やDXを支援しています。特に近年では、社会の多様化、働き方改革、COVID-19などにより、お客様の課題は大きく変化しました。このようなお客様を取り巻く状況を踏まえ、回線キャリア・ベンダにとらわれず、ネットワーク&セキュリティ、コミュニケーションのあるべき姿を示す。そしてコンサルティングから運用まで、ワンストップで提供する。ここにネットワークソリューション事業部の介在価値があります。

その価値は、ITインフラ管理を最適化するマネージドアウトソーシングサービス「Mana PlaS®としてお客様に提供されています。インフラ管理業務において、マルチキャリア・マルチベンダで情報を可視化。ステークホルダーが迅速かつ正確に状況を把握し、適切な対処をとることを可能にしています。

直近の大きな社会変化の中でSASE、ゼロトラスト ネットワークといった新たな概念が生まれました。それらを実現する多くのソリューション、サービスが次々とリリースされ、今や乱立状態です。その中で最適なインフラを示し、提案していく営業が重要度を増していると認識しています。

現在、営業の活動は、既存顧客の維持拡大と新規顧客の開拓の2つに分類されます。事業部としての実績向上や営業効率を考えれば前者の業務に力が入りますが、甲原は事業部長として後者の新規顧客開拓への取り組みもテコ入れしたいと考えています。

ただし新規営業を拡大するには、武器となるサービスの整備と、メンバーのフットワークを軽くすることが不可欠です。すでに取り組み始めているところでは、現在手配中の回線の進捗情報や過去の請求書などにお客様がオンデマンドでアクセスできる「顧客ポータル」の活用です。

この運用が軌道に乗れば、問い合わせ対応に割かれていた時間を営業に振り向けられますし、お客様も欲しい情報が欲しいタイミングで確認できます。開発面では、ネットワーク機器の設定作業を自動で実施する仕組みや、試験の自動化による作業効率化を進めています。大規模なネットワークですと数千台に及ぶ機器の設定や、試験シナリオを実施する必要があるため、標準化と自動化は非常に大きな効果が見込まれます。

業務の標準化そして自動化を徹底的に導入した上で、お客様のために絶対に譲れない「個別最適」の部分を絞り込み、「Mana PlaS®」のカスタマイズとブラッシュアップ、さらに新しい提供価値をサービス化することに、ネットワークソリューション事業部は舵を切りつつあります。

やらずに後悔したくない。転んでもいいからとりあえず動こう

NW_kouhara_02

甲原が、新サービスの整備や新規顧客開拓営業のテコ入れに力を入れる背景には、「やらずに後悔したくない」という思いがあります。新サービス企画や新規顧客の開拓への取り組みは、すべてのアプローチが成功することを前提とはしていません。甲原は20年以上営業畑を歩いてきた経験から「8割以上うまくいかないことが当たり前」と考えています。

私は若手の頃、新規営業で何度も門前払いを受けました。しかし上手くいかなかった点を反省し、改善点を咀嚼し、「次はこう話してみよう」とアプローチを変えていきました。つまり失敗を糧にするタイプ、言葉によるアドバイスではなく自らの経験からしか学べないタイプと言えます。そしてそういう社員は決して少なくないと思います。。だからこそ、「転んでもいいからとりあえず動こう」というメッセージを伝えたいのです。

甲原は、課長に就任してからもお客様に迷惑をかけてしまった経験があります。その失敗と改善策はメンバーに隠すことなく、「お客様との関係性がまだ築けていないと思ったら、コミュニケーションで補おう」と身をもって伝えるのです。

事業部長の責任として、私はメンバーに新規顧客を開拓する機会を提供し、たくさんの経験を積んでもらわなければと考えています。

自発的に考え行動できる人材のために、風通しを良くしていく

NW_kouhara_03

転んでもいいからとりあえず動くというスピリットは、組織作りにおいても貫かれています。2021年7月に事業部長に就任後、甲原はまず「社員2way」を実施しました。事業部に所属する約300名の社員を4〜5名ずつのグループに分け、各グループと意見交換をするのです。また、毎月、MonthlyMeetingと称し、社員の好事例、先進事例を発信・共有したり、私から事業部の方針や私の考えを直接伝える場を持っています。機会、雑談用のSNSチャネルの活用も含め、上司・部下、営業・開発・運用保守等の垣根を超えて意見を発信できる環境を整えました。

とりあえず動こうと言いながら、動く前から社員に「これは言ってもダメかもしれない」という風土が組織にあったら意味がありません。ですから徹底的に風通しを良くするための試行錯誤を重ねています。「社員2way」ではかなり率直な意見をもらえたので良かったですし、これからも継続していくつもりです。

NW_kouhara_04
映画館を借り切って行った2019年度のキックオフ。組織の風通しを良くするために様々な取り組みを行っています。

そして社員から提案が新しいサービスとなり、お客様への価値提供につながれば、それは大きな自信につながります。

社員が失敗を恐れずに取り組んでくれれば、きっと私より良いものが生まれるはずと信じています。自発的に考え動ける人財をたくさん集めて育成し、お客様の事業変化に迅速・柔軟に対応できるITインフラの価値を社内外に発信していきたいと考えています。

【参考】コンサルティング&ソリューション事業本部とは?

CS_2022

甲原が在籍しているネットワークソリューション事業部は、NTTデータのなかのコンサルティング&ソリューション事業本部に属しています。コンサルティング&ソリューション事業本部は、デジタル変革のためのソリューションやサービスによって、お客様の事業発展を支えるミッションを担う全社横断組織です。さまざまな業界のお客様に対して、ビジネス観点と磨き上げたソリューションで課題解決にアプローチし、お客様と共に、経営環境にイノベーションを起こします。

※掲載記事の内容は、取材当時のものです