imforce建設業統合基幹モデル 建設業の業務運用における必要機能がフルカバーされた統合ERPソリューション

商品概要

建設業界のERPに求められているニーズをintra-mart基盤上にワンパッケージで実装した次世代型のERP製品です。建設業に求められる業務機能を広範囲でカバーしています。

用途・適用業務

原価管理や会計などのシステムがバラバラでシステム運用が非常に煩雑な場合など、操作の一貫性とシステムの拡張性を担保しつつ、工事物件の引き合いから受注、完工まで基幹業務全体をカバーできます。
また様々な段階での収益予測を把握可能な仕組みを豊富に装備しており、工事現場及び経営層の速やかな意思決定・対策立案に役立てることができます。従来型のパッケージシステムでは対応が困難だった企業固有の機能仕様を効率的に実現し、また仕様変更にも迅速に対応することが可能です。

メリット・効果

  • 建設業業務機能を一元化
  • 精緻な粗利管理を実現
  • 戦略的な営業活動をサポート
  • 経営状況を瞬時に把握可能
  • 要求機能を制約なく実現

特長

  1. システム統合基盤「intra-mart」上に建設業に求められる業務機能を広範囲でカバー
  2. 事業全体の収益予測を精緻かつ俊敏に把握が可能な標準機能を装備
  3. 開発自動化ツール「Biz∫APFワークベンチ」を活用し、企業固有の業務要件に柔軟に対応

imforce建設業統合基幹モデルに関する詳細情報