医療費適正化支援サービス 豊富な実績とノウハウでデータヘルスをサポート

商品概要

国民健康保険、後期高齢者医療保険、健保組合等の保険者に向けた医療費適正化や健康寿命延伸を支援するフルアウトソーシングサービスです。レセプトデータや特定健診データ等を活用し、保険者が抱える課題を明確化、健康な人向けの健康維持増進や、高リスク者向けの重症化予防対策等を提供します。又、自治体向けの健康増進事業との連携により保険者の枠を超えた市民のQOL向上をサポートします。

システム構成・サービス構成

用途・適用業務

  • 医療費分析、医療機関受診勧奨、糖尿病性腎症の重症化予防、頻回受診・重複服薬等の適正化、特定健診受診勧奨などの医療保険者による保健事業(データへルス)
  • 高齢者の保健事業と介護予防の一体実施に向けた高齢者向けサービス
  • 将来医療行為に係る方を軽減するためのポピュレーションアプローチ

メリット・効果

政府の日本再興戦略や健康・医療戦略等を踏まえ、厚生労働省は平成26年度から医療保険者に対して「レセプト等のデータ分析に基づく保健事業(いわゆるデータヘルス)」の実施を支援し、更に、平成30年度より保険者努力支援制度の本格運用により支援が強化されています。
本サービスは、医療保険者がデータヘルス事業を実施するために必要となる人材やノウハウなどの個々の事業環境に合わせ、「データヘルス計画書作成支援」や「糖尿病重症化予防」等、実際の保健事業まで、柔軟にサービスを組み合わせて利用することが可能なフルアウトソーシングサービスです。
更に、高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施に向けた高齢者サービスを展開すると共に、発症年齢等の分析を行い、健康にかかるQOL向上施策を提供します。

特長

データヘルスにおいては精度の高い分析と費用対効果が重視されていますが、政府が糖尿病重症化予防対策の先進事例としている「埼玉県モデル」の実績を始め、データヘルスに関する多数の提供実績と分析・運用ノウハウを保有しています。
さらに、保健指導会社とのコンソーシアム体制によって、PDCAサイクルを全てカバーするフルアウトソーシングのサービス提供が可能であり、お客様のご事情にあわせて最適な医療費適正化対策をご提案いたします。