AI(人工知能)

急速な勢いで進化を続けるAIをいかにビジネスに活用するか?幅広いビジネス課題に対応するAI活用のポイントとNTTデータの最新の取り組み事例やニュースを紹介します。

AIガバナンスとAIの品質保証

AI活用によってさまざまなことが便利になる一方、精度や品質の制御には特有の課題があり、安心・信頼できるAIの提供には実効的なAIガバナンスの整備が不可欠です。
NTTデータでは、政府が主導するAIガバナンス関連の会合に参画しAIを扱う企業として情報提供しているほか、
人間とAIが共生する「より豊かで調和のとれた社会」の実現に向けて、「AI指針」、「AI開発プロセス」、「AIアドバイザリーボード」の整備など、
AIシステムの開発/運用/利活用を中心としたAIガバナンスの取り組みを拡大・継続しています。

AIガバナンスとは?
AIを使用したITシステムやサービスを開発・利用・提供するにあたり、社会規範や制度を遵守し活動を統制するための、管理体制や運用のことです。

NTTデータグループAI指針

5つの項目からなるこの指針は『AIは基本的な人権を侵してはならず、人間社会の幸福を実現するために存在するべきである』というメッセージを込めたもので、NTTデータがAI社会の実現に向けてさまざまな技術開発、およびサービス提供を実施する際に参考とするものです。これらを実現するためには、「個人データの取り扱い」や「AIの説明可能性」について真剣に向き合い、ステークホルダーとの共創を通して社会に新しい価値を提供していく必要があります。そして、AI人材の育成やお客さまのAIリテラシー向上に積極的に取り組み、社会的受容性を向上させ、AIを広く社会に浸透させていきます。

NTTデータのGroup Vision「Trusted Global Innovator」に込められた「長期にわたる揺るぎない関係性から醸成される信頼」「グローバルレベルでの多様性の尊重」「先端テクノロジーを活用したビジネスイノベーション」という意味を反映し、それぞれ「ロングターム・リレーションシップ」「多様性を認めあう/基本的人権への配慮」「新しいAI価値創出」という形で指針を制作しています。

AI開発プロセス

AI開発プロセスは、AIが組み込まれたシステム(以下:AIシステム)の開発において必要となる役割、タスク、成果物を体系的に整理し、標準的な開発手順およびプロジェクト管理手順として定義したものです。AIシステムの総合的な品質保証を念頭におき、社会的に求められる倫理、コンプライアンス上のチェック観点や、AIシステム開発において重要となるデータの事前加工や品質管理に関するノウハウが組み込まれています。本プロセスを適用することで、性能、拡張性、セキュリティ、プライバシーなど総合的な観点から、お客さまが安心して利用できるAIシステムを実現します。

特長

  • NTTデータの300以上のユースケースをもとに策定、実績に基づく知見を活用した効率的な開発を実現
  • AIモデルや学習用データセットの構成管理、品質管理など、AI固有の管理観点が盛り込まれているため、プロジェクトにおける問題の発生を防止し、より信頼のおけるAIシステムの開発が可能
  • AIシステム開発において特に重要となるデータの取り扱いに着目、長年データ加工や統合に携わる専門家の知見を盛り込み、データ整理、前処理、AIモデル構築といった一連のプロセスを円滑に実施可能

AIアドバイザリーボード

NTTデータでは、社会デザイン・ソフトウェア工学/法務・倫理/レジリエンス・SDGsなど様々な分野の社外有識者からなる「AIアドバイザリーボード」を設立しました。AI利活用に関する技術動向、法令・規制、市民社会の認識について、有識者と当社の幹部層及びAIプロジェクトに関わる現場最前線のメンバーが議論をし、その結果をAIガバナンスの具体的な手段に取り入れていく活動です。

AIアドバイザリーにおける議論結果

NTTデータが考える企業におけるAI活用とは

急速な勢いで進化を続けるAIをいかにビジネスに活用するか?
幅広いビジネス課題に対応するAI活用のポイントとNTTデータの取り組みを紹介します。

いま最も注目されているテクノロジーの1つに人工知能(AI:Artificial Intelligence)があります
AI活用のポイントとNTTデータの提供するサービスの一部をご紹介
AI技術を業務に組み込むための仕組み作りをご紹介
AI活用の実績、事例をご紹介