株式会社NTTファシリティーズ

深層強化学習を用いたアクティブ制震ロジックの開発

Business Need

  • 大きな地震の際に建物が大きく長時間揺れる「長周期地震動」により、2011年の東日本大震災においても首都圏の高層建物内では家具や什器が転倒、エレベーターが緊急停止するといった被害が発生した。そのことは、入居者に大きな不安を与えた。既存の建物にも後付けで設置可能な制振装置による現実的な対策も必要となった

  • その対策として、「長周期地震動」を抑止する新たな制振技術を開発していた

Solution

  • 深層強化学習を用いたアクティブ制震ロジックの開発

  • 地震発生時の建物の複雑な揺れに対してアクティブ制御による制振を行う際の、強化学習にディープラーニングを組み合わせた最先端技術である「深層強化学習」を適用した制御ロジックを開発

Outcomes

  • NTTファシリティーズ保有の建物のミニチュアモデルを使って検証し、建物の揺れをパッシブ制振と比較して50%程度低減できることを確認

  • 2018年3月には、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会より「長周期地震動から超高層ビルを守る人工知能(AI)を活用するアクティブ制振技術」としてジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)の優秀賞を受賞

  • NTTファシリティーズでは、建設業界としては初めてAI(深層強化学習)を適用した制御ロジックを組み込んだアクティプ制振装置の開発、実際の高層建物への適用を進めている

お客様プロフィール

お客様名
株式会社NTTファシリティーズ
本社所在地
東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー

何をお探しですか?