情報社会トレンド

IST01 多様なユーザ要求をリアルタイムに満たすことが求められていく

環境変化の激化とともに、ビジネススピードが加速している。その瞬間の顧客ニーズに合ったサービスや情報をリアルタイムに提供できることが付加価値となっていく。

IST02 企業競争力の源泉は知識やノウハウの活用へシフトする

ITが浸透したことで、情報がデジタル化・見える化されるようになった半面、あらゆる場面で情報爆発が起こっている。これら膨大な量の情報から意味や知恵を見出すことで、最適解を見つけたり未来を予知することが付加価値となっていく。

IST03 マス重視から個重視の社会へ

個々人のリテラシーや価値観の多様化、SNS等のツールの普及が進み、社会や企業がより個人を中心に動くようになりつつある。各々のニーズに合った環境・サービスや、個々のつながりを支援する仕組みが求められるようになる。

IST04 誰でも活用できるITが普及する

高齢化やグローバル化等の社会変化へ対応しなくてはならない。リテラシーに関わらずITを活用できるようにし、ITを生活インフラとして機能できるようにすることが求められる。

技術トレンド