NTTデータが考えるデジタル人財の育成

デジタル人財育成の考え方

新しい社会の実現にはデジタル技術が必要不可欠です。
デジタルを活用し、今までにない価値を生み出していく。
そのために、私たちはもちろん、お客さまをはじめとする多くの人がデジタルを知り、その活用をともに考えていく必要があると、NTTデータは考えます。
社員一人ひとりにとどまらない、NTTデータの進めるデジタル人財育成に向けた取り組みを紹介します。

NTTデータが考えるアーキテクト像

新たな社会を思い描き、デジタル技術を駆使して、その実現を果たすためには「アーキテクト」が必要です。従来の価値観にとらわれず、物事を多面的にとらえ、社会の「あるべき姿」を描くとともに、その具体的なしくみをデザインし、実現を進めていくことができるのが「アーキテクト」です。
NTTデータでは以下に示した能力・知識・マインドセットを持つ人財を「アーキテクト」ととらえ、自社における育成に取り組みます。それとともに、お客様や社会に対して人財を送り出し、ともに変革を実現する活動を通じて、「アーキテクト集団」として新たな社会のしくみの創出に貢献していきます。

アーキテクトに求められる知識・能力

アーキテクトに求められる知識・能力

ビジネスビジネスモデルとそれを実現するための業務や組織設計に関する知識

デザイン課題発見とそれを解決するための新しいサービス創造に関する知識

テクノロジーデジタル技術とその活用に関する知識

社会的価値情報システムの社会的価値あるいはリスクを検討するための知識

様々なアーキテクト

アーキテクトはそれぞれの知識領域に関する高度な専門性と豊富な経験を持つ人財であり、異なる専門性を持つアーキテクトが協働して「あるべき姿」の実現を推進します。以下に具体的なアーキテクトの例をご紹介します。

ビジネスディベロッパ
ビジネス創出に関する高度な専門性を発揮し、お客様や自社の新規事業の創出から具現化・定着までを主導する

サービスデザイナー
エンドユーザ視点に立ち、顧客体験を継続的に実現するためのしくみをデザインし、新たな価値を創出する
データサイエンティスト
データサイエンスに関する高度な専門性を発揮し、データ活用を通じてお客様の課題解決を支援する
デジタルビジネスマネージャ
お客様や自社の事業の核となるサービス/プロダクトの構想・策定・市場投入まで一気通貫のマネジメントを行い、事業上の価値創出を主導する

アーキテクト輩出に向けたデジタル人財育成の取組み

アーキテクトを担うためには、高度なデジタル技術を持つだけではなく、ビジネスを深く理解し、デジタル技術の活用を通じて新しい価値を創出する力も必要となります。
NTTデータでは、すべての社員がそれぞれの職務や専門領域に応じたデジタル人財となるよう育成を進めています。

デジタルタレントサービス

「デジタルタレントサービス」はNTTデータグループの人財/組織育成プログラムをベースに開発された、企業向けデジタル人財/組織化サービスです。デジタル人財/組織に関する戦略策定コンサルから、研修をはじめとする人財育成の実行、デジタル推進組織の運営支援、さらには人事制度設計やデジタル活用に向けた全社的組織文化の醸成に至る支援まで、企業が継続的にデジタル対応力を強化することができるよう、人財と組織の両面から全面的にサポートしていきます(※)

提供メニュー

デジタル人財化計画

偉大なる「アーキテクト」 レオナルド・ダ・ヴィンチ

14世紀、ルネサンスという新たな時代の幕開けの裏には、ペストの大流行がありました。
ルネサンスを代表する芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ。絵画のみならず建築学、解剖学、物理学などあらゆる学問に精通していた彼は、都市を一つの生き物ととらえ、水の流れや空気の流れといった自然界の法則をヒントに「感染症を防ぐ理想の都市」を考案したとされています。

さまざまな知見をもとに、あるべき社会を思い描いた彼の姿は、私たちが考える「アーキテクト」そのもの。
500年の時を経たいま、彼の業績は新しい社会を創りだす示唆に満ち溢れています。

写真提供 ユニフォトプレス