災害時エリアモニタリング自動化ドローン 国内随一の実績を誇る自律飛行ドローンによる映像情報収集配信システム

商品概要

防災ドローン自動航行システムにより、災害発生時に避難道路や構造物などの被災状況を迅速かつ網羅的に把握することで、行政機関やインフラ事業者等の災害対応業務の高度化を実現。同時に多数のドローンを自律飛行させ短時間で必要十分な映像を収集し、一元的な管理のもとで関係先に配信を行います。AIによる映像解析、ドローンによる物資搬送といった機能も提供します。

メリット・効果

ドローン導入に向けたコンサルティングサービスに始まり、ドローンを活用した情報収集システム・体制の構築、構築後の定着化に向けた研修や運用、さらにはその後の適用範囲の拡大に至るまで、防災ドローン活用に関わるあらゆる面でお客様をサポートします。NTTデータのドローン運航管理パッケージairpalette® UTMを利用するとともに、実績のある標準モデルをもとに個別のお客様向けにカスタマイズを行い提供することで、構築に要する期間を短縮し低コストで実現します。

特長

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と自然災害の複合災害発生において、その被災状況の調査を遠隔から安心・安全に、しかも少ない人手で実現することができます。
  • 物資搬送による被災地支援として、医療物資や防災資機材等の搬送に活用することができます(各種法規制の範囲内において)。
  • 豊富なドローン機種に対応しており、用途に応じた最適な機種の選定、既に保有しているドローン機体の有効活用も可能です。