BizXaaS®Office

オフィス環境のあらゆるニーズにクラウドで対応

商品概要

BizXaaS Office(BXO)は、いつでも、どこでも、どのようなデバイスからでも、安全かつ自由に、社内システムやクラウドサービスを利用できるデジタルワークスペースを提供することで、お客様の働き方改革、社員の満足度向上、生産性向上に貢献します。

用途・適用業務

BizXaaS Officeでは、仮想デスクトップや社外とのファイル共有など柔軟なワークスペースを提供する「BXO Workspace」と、クラウドサービスの安全な利用やエンドポイント統合管理、企業データ保護などの機能でワークスペースをセキュリティ面からサポートする「BXO Managed Workspace Security」を提供しています。お客様は自社に必要なものを選択してご利用いただけます。

活用事例

  • テレワークなど、多様なワークスタイルを実現するために
  • リモートから安全に社内システムへアクセスするための環境として
  • 社員が日常的に使うOA環境として
  • オンプレ環境のExchangeサーバの更改先、DR対策サイトとして
  • 社内ファイルサーバの統合、集約化
  • 社内外のセキュアなファイル共有基盤として
  • 既存環境から社外のSaaSサービス等をセキュアに利用するためのセキュリティ基盤として

メリット・効果

働き方変革

利用場所や接続デバイスに依存せず、いつでもどこでも自分のオフィス環境に接続できます。会議室、外出先、自宅でのテレワーク、サテライトオフィスからもメールの閲覧、社内ファイルサーバへのアクセスができます。

セキュリティ強化

近年、情報漏洩対策だけではなく、標的型攻撃対策やマルウェア対策として仮想デスクトップが注目されています。重要なシステムをインターネット環境と分離する手段として仮想デスクトップの技術が使われています。また、セキュリティ基盤「BXO Managed Workspace Security」の導入により、様々なエンドポイントからクラウドサービスを利用する際のセキュリティ対策が図れます。

運用コストの削減

ユーザが日常的に利用する端末、サーバ、運用監視までを安価なサービスとして提供するため、お客様のOA環境に関する運用コストの削減が期待できます。マスタファイルを更新すれば全ユーザの仮想デスクトップ環境が最新化できる提供方式もありますので、従来のユーザ側でのパッチ適用等が不要になり、統制をきかせた管理ができます。

特長

仮想デスクトップサービス

  • 多様な実現方式から最適な方式を選べる(仮想化方式:仮想PC型/サーバ共有型/サーバVDI型、接続方式:Microsoft RDP/Citrix ICA/VMware Blast Extreme、展開方式:フルクローン/PVS/リンククローン)など、お客様の利用用途にあわせて最適な方式を提案。組合せも可能。
  • リモートアクセスに対応(接続端末を制限する機能やアクセスレポートの提供も可能)
  • ネットワークキャリアフリーのため、お客様の既存の回線を当社データセンターに引き込んでいただけます。また、リモートアクセスも提供しているため、インターネット回線にも対応します。
  • タブレット、スマホ等のスマートデバイスにも対応

ファイルサーバーサービス

  • 充実のバックアップ(スナップショット機能と、筐体バックアップで万一の際も安心)
  • 小さな単位でリソース追加が可能(10GB単位で追加可能。コストをおさえることができます。)

クラウドストレージサービス

  • Box社のクラウドストレージサービスをNetskope社のCASB製品と組み合わせて提供することで、Box単体で導入する場合よりさらにセキュリティ強化して統制をきかせた運用が可能になります。

メールサービス

  • 既存環境のDRサイトとしての利用などお客様個別のカスタマイズに対応

全般

  • 2019年4月よりサービス体系が新しくなり、セキュリティ基盤のみの導入も可能となりました。BXO仮想デスクトップ等を導入しなくても、お客様の既存FAT環境等のセキュリティ強化が図れます。

BizXaaS®Officeに関する詳細情報

BizXaaS®Office

何をお探しですか?