C-Turtle™ 企業の温室効果ガス排出量可視化ソリューション

商品概要

GHG(Greenhouse Gas:温室効果ガス)排出量可視化プロセスを構築し、可視化するソリューション「C-Turtle™」を提供しています。GHGプロトコルScope1(直接排出量)/2(間接排出量)への対応はもちろん、複雑なScope3(その他間接排出量)の算出においてもすべてのカテゴリーに対応しています。

用途・適用業務

企業のGHG排出量を算出、可視化を行います。
Scope3の全カテゴリーについて算定することで、TCFD開示にも対応可能です。その他NTTデータとして提供しているグリーンコンサルティングと併せて提供することにより、Scope3 カテゴリー1(製品調達による排出)/カテゴリー2(資本財調達による排出)の算出にサプライヤー別排出原単位による総排出量配分方式を採用することが可能です。

メリット・効果

Scope3 カテゴリー1/カテゴリー2の算出に、総排出量配分方式の適用を可能とし、削減可能なScope3を算出します。
環境省等から提示されているマクロな排出原単位を利用した可視化には、自社及び他社のCO2排出量削減努力をクイックに反映しづらい、という問題点があります。特に、Scope3 カテゴリー1/カテゴリー2が大きなポーションを占める業界が多く、この「算定できるが減らせないScope3課題」への対応が求められています。
総排出量配分方式は、各企業の削減努力を自社の排出量へ反映し、各企業の排出実態と整合した算出が可能なため、削減可能なScope3を算出します。

特長

1実績のあるメソッドをクイックに提供
  • お客様環境の中で取得できる活動量を調査し、適切な算出ロジックを選定
  • Scope3の全カテゴリーについて算定することで、TCFD開示にも対応可能
2自動で排出量計算を行う可視化プラットフォーム
  • 活動量から排出量自動計算を行うSaaSプラットフォームを提供。活動量取得と排出量計算を分離することでレガシー化を回避
  • エクセルによる計算から脱却し属人性を排除、排出単位を自動で最新化
3削減可能なScope3算出式
  • Scope3 カテゴリー1/カテゴリー2の算出にサプライヤー別排出原単位による総排出量配分方式を採用することが可能。他社の削減努力を自社排出量に反映
  • サプライヤー別排出原単位はNTTデータにて最新の値を算出し、プラットフォーム上で管理

ソリューションに関するお問い合わせ、デモの申し込み