デジタル コミュニティ プラットフォーム(DCPF)

公共機関によるデジタル技術を活用したサービスの提供を支えるプラットフォーム

商品概要

本サービスは、公共機関において求められる社会基盤に資する運用品質やセキュリティ等の要件を充足しつつ、デジタル技術を活用した最適なサービス提供を行うためのクラウド基盤のマネージドサービスです。パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミス環境を適材適所に活用可能とする他、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)やMicrosoft Azure(以下:Azure)等のクラウドサービスの利用も可能です。

サービスイメージ

お客様のニーズに合わせたクラウド基盤やアクセス回線の選択、官庁・自治体のお客様における特殊要件への対応、安全にデータを活用するための機能の提供など、柔軟性・信頼性・安全性を兼ね備えたプラットフォームになります。

  • 「OpenCanvas」、「Sinfonex」は、国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「Digital Community Platform」は、株式会社NTTデータの商標です。
  • アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com Inc.またはその関連会社の商標です。
  • 「Microsoft、Azure」は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における、登録商標または商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

メリット・効果

ニーズに合わせたクラウドサービスの選択

パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミス環境等、ニーズに合わせた最適な構成が選択可能。

導入から運用まで安定したシステム運用の実現

これまで公共機関向けに培ってきた大規模基盤等の設計・構築・運用の実績を生かした導入のサポート、構成・品質の管理方法支援およびシステムの安定稼働の実現。

安全にデータを活用するための機能の提供

安心安全なデータの利活用に寄与するため、機器構成情報の提供を行う等、国の行政機関等のサイバーセキュリティに関する対策の基準である政府統一基準に準拠したクラウドサービスの利用の実現

特長

NTTデータはこれまで、お客様の業務ニーズに応じた最適なシステムの提案検討や省庁横断の共通基盤における構築・運用等に取り組んでまいりました。それらの知見を活かして、官庁・自治体のお客様の「“いつでもどこでも利用できる便利なデジタルサービス”を“安心・安全”に利用すること」への期待に応えるために検討段階からのコンサルティング、導入、運用、そしてDXまでトータルでサポートいたします。
今後、より一層のデジタル化の促進に向けて、デジタル技術を活用した分析、オフィスツール、クラウドサービスへの認証等の搭載を予定しています。NTTデータは本サービスを通して、公共機関におけるクラウドサービスの利用を促進し、公共機関の職員の生産性向上と働き方変革に寄与していきます。

デジタル コミュニティ プラットフォーム(DCPF)に関する詳細情報

デジタル コミュニティ プラットフォーム(DCPF)

何をお探しですか?