Informatica Data Engineering(旧称:ビッグデータソリューション) 円滑なデータマネジメントを実現するデータ統合ソリューション

商品概要

インフォマティカはデータ統合ソリューションです。分析業務の80%は分析前の準備作業と言われており、分析に最適なデータを準備するためのデータマネジメントが重要です。Informatica Data Engineeringは分析に向けた「ソースシステムからのデータ連携・統合」「データの見える化・探索」「分析データのセルフ加工・準備」を実現するソリューションです。

システム構成・サービス構成

用途・適用業務

インフォマティカは、データ整備のためのデータマネジメント基盤という性質から、様々な業界・業務で利用されています。業界別では「製造」「金融・保険」「流通・小売」「ユーティリティ」「ヘルスケア」など、目的別では「マーケティング」「営業」「人事」などで活用が期待されます。

メリット・効果

データカタログ

  • 多角的なカタログ情報提供
  • Googleライクな検索機能により求めるデータセットをいち早く発見することができます
  • データの傾向や品質などを評価できます
  • データリネージ機能によりデータの流れを追跡し、データを取り巻くオブジェクト間のつながりが把握できます

データプレパレーション

  • ユーザーによるセルフサービスでのデータ抽出>加工>提供を支援
  • ExcelライクなWeb画面で、ユーザー自身でデータを加工し、透過的なビューを生成、BIや目的別マートにデータ提供できます。

データ連携

  • 単一プラットフォームで、ETL、クレンジング、マスキングからストリーミングまでをサポート
  • 操作性の高いGUIにより、ETL処理はもちろん、マスキングなどの高度な処理を実装可能です
  • 同一環境でリアルタイムストリーミング処理の実装も可能です

特長

データカタログ

メタデータを収集、リポジトリで一元管理し、適切なセキュリティ管理の上でユーザーにカタログとして公開。
ユーザー自身によるシステム横断での透過的なデータ資産の検索・把握を支援します。

セルフ抽出加工

カタログから選択した任意のデータセットについてソースからのデータ抽出、ExcelライクなUIでの加工、BIやDBへの提供まで、データ活用までの一連の作業をセルフサービス化します。

データ連携

各種ソースからデータレイクへのETL連携や、クレンジング/名寄せによるデータ品質改善、マスキングによるセキュリティ担保など、さまざまなデータ統合処理を、単一プラットフォーム上でGUI開発、運用可能にします。

Informatica Data Engineering(旧称:ビッグデータソリューション)に関する詳細情報