Open Service Architecture™ これからの金融ITに必要な構成・機能を具体化した標準アーキテクチャー

商品概要

「Open Service Architecture」は、ポストコロナに求められる新しい金融ITの姿を具体化した標準アーキテクチャーです。NTTデータが提供する基盤だけではなく、パブリッククラウドも活用した「Open Platform」と国内最大級のAPIエコシステムである「Open API」により、金融機関/行政/企業の「Open Innovation」を実現します。

用途・適用業務

「Open Service Architecture」は銀行・保険・証券など各金融業界に当てはまる標準構成を有しています。
加えて、銀行業界向けに整備された豊富なサービス群は、他社勘定系など既存のシステム資産とも接続できるオープンな仕組みとなっており、サードパーティのFinTechサービス等を柔軟に組み合わせて利用することができます。
これらのサービス群の整備は銀行業界以外へも展開を予定しています。

領域名 領域概要 当社関連ソリューション・事例
サービスラインアップ エリア
  • マイクロサービスをBPMと組み合わせ、業務効率化を実現
  • 自社/他社サービスを組み合わせてBaaSモデルを実現可能
  • FinTechが自由に活用出来るオープンなエコシステムを準備
コネクションエリア
  • 国内最大のAPIエコシステム(200以上のAPI実装済)
  • 国内ほぼ全ての金融機関と接続済
  • 安心に繋がる為のセキュリティ(認証・認可)
コンピューティング エリア
  • 金融機関に必要な信頼性を確保したOpenCanvas(IaaS)
  • AWS/Azure/GCPの三大パブリッククラウドの全てをA-gateでセキュアに利用可能
ブッキングエリア
  • 実績のBeSTAはMF基盤だけでなく、オープン基盤も選択可能
  • 自社だけでなく、他社勘定系も連携基盤経由で幅広く利用可能
データアナリティクス エリア
  • 金融機関保有データの利用高度化のための仕組みを用意
  • データレイク等、他社データ活用の仕組みも準備
ユーザーフロント エリア
  • スーパーアプリのトレンドを踏まえ、フロントサービスを自由に選択
  • 金融機関フロント効率化の為の、自社フロントサービスも用意

メリット・効果

NTTデータは「Open Service Architecture」を活用し、ニューノーマル時代に求められる金融ITの提供を通じて、金融機関のお客さまのデジタル変革(DX)による競争力(生産性)向上を積極的に推進します。これらの活動を通じて、ポストコロナに求められる金融機関/行政/企業との共創による新しい社会の実現に貢献します。

特長

本アーキテクチャーは“Open”をコンセプトに、以下の3つの特長を備えています。

Open Platform

勘定系は国内シェアNo.1「BeSTA」の動作プラットフォームとして新たにオープン基盤を選択肢に加え、最適なプラットフォーム適用によりトータルコスト低減を目指します。また、他社勘定系を利用されているお客さまに対しても、容易に接続可能な環境を用意しています。基盤については、コミュニティークラウド、およびAWS/Azure/GCP等の三大パブリッククラウドをハイブリッドで最適に配置するとともに、「A-gate」の利用により、セキュアな環境を担保します。

Open API

国内最大(既に200種類以上のAPI稼働済)のAPIマーケットプレイスを新たに整備し、あらゆるステークホルダーが安心・安全、かつ、インターオペラビリティ(相互運用性)を保った状態で利用可能です。銀行向けマイクロサービスについては、既に横浜銀行と構築済のBPM(ビジネスプロセスマネジメント)基盤との組み合わせで銀行内部事務の大幅な業務効率化(横浜銀行事例:各種諸手続きに広く適用済。住所変更業務では年間8,600時間の業務量削減実績有)が実現可能です。また、今後登場するさまざまなスマホアプリと、銀行サービスを連携させるような、一般企業向けBaaS(Banking as a Service)型ビジネスモデルにも対応することができます。

Open Innovation

NTTデータのネットワークは、国内最大の金融エコシステムとして、ほぼ全ての金融機関と接続済みである上に、LG-WANを介した行政も含めた多様なコネクティビティを有しています。FinTechサービスとの連携も含め、Open APIを活用して、金融機関や日本全体の競争力を高め、金融機関/行政/企業との共創による新しい社会の実現を可能とします。