印鑑照合システム 営業店における印鑑照合業務の効率化を実現するシステム

商品概要

印鑑照合システム

本部または営業店の専用スキャナーで登録した印鑑票のイメージデータと窓口で受け付けた印鑑票のイメージデータを窓口端末(CTM)に表示し、照合処理を行う。照合処理はオンライン取引と連動しており、組合本部設置のDBサーバー連携により移管・解約データの自動反映も可能。

用途・適用業務

営業店での印鑑照合業務・CTM取引でのオンライン連動(出金等の取引、解約、解約取消取引で照合する場合)

メリット・効果

  • 通帳副印鑑の廃止による安全性・利便性の向上
  • 集中化による営業店作業の軽減

特長

  • 窓口端末(CTM)に表示できるため照合用の専用の端末が不要
  • 登録時にDBサーバーより顧客情報を取得するためエントリー作業が正確かつ簡単
  • RPAを活用した印影の登録作業を実施
  • 統合サーバー化により、ソフト追加でバックオフィスシステムの利用も可能