SimGate® 通関情報処理システム(NACCS)と接続できるゲートウェイ

商品概要

官民共同利用型の通関情報処理システム「NACCS(ナックス)」と、企業のシステムを効率よく接続できるゲートウェイソフトウェアです。接続に必要なインターフェースを複数備え、輸出入関連の業務を実施できるライセンスフリーのクライアントソフトも用意しており、業務をより効率よく処理できます。

システム構成・サービス構成

simgate

用途・適用業務

用途

現状専用端末等で個別に送受信しているNACCS情報(税関申告情報や許可情報など)をゲートウェイサーバで一元管理する事ができ、社内システムでの活用による業務効率向上につながります。SimGateクライアントをお客様のPCにインストールして頂くことでNACCS業務を実施することができます。利用者ID数や拠点数、社内PC台数などを考慮する必要がないため、コストを最小限に抑えながら性能の高いシステムの構築が実現します。

適用業務

輸出入業務全般、管理資料取出業務を除くSea-NACCS、Air-NACCSの全業務

メリット・効果

NACCS情報の有効活用をお考えのお客様へ

NACCSからの情報の加工・再利用の自由度を向上させることが出来ます。NACCS情報の配信やコピーにより、組織を越えたNACCS情報の活用が可能です。

NACCS端末の設置の自由度をお求めのお客様へ

御社の社内ネットワークがあれば、どこにでもNACCS端末相当のクライアントソフトをライセンスフリーで導入することが出来ます。

NACCSへのダイレクト接続をお考えのお客様へ

NACCSのEDI仕様に完全準拠しておりますので、御社システムでEDI仕様に対応する必要がありません。個別開発を行うより相当安価にNACCSへのダイレクト接続が可能です。

特長

お客様が自社システムとNACCSをダイレクト接続する際に、一からゲートウェイを構築する必要がなく安価に実現することが出来ます。NACCSからの受信電文情報に関して、受信電文のコピーや配信先端末の設定等に自由度があります。そのため、社内の運用に合わせた利用が可能です。SimGateクライアントソフトウェアがセットになっており、Sea-NACCSおよびAir-NACCSの全業務に対応しています。そのため、お客様が独自で画面・帳票テンプレートを構築する必要がありません。このパッケージソフトはライセンスフリーで、何台でも制限なくお使いいただけます。