気象API

気象の予測データや過去データを活用できる気象データ処理システム

商品概要

「HalexDream!を使用したAPI」は、気象情報を活用して業務課題を解決したいお客様に、手軽に気象情報を活用いただくため、お客様の扱いやすさを重視して開発した「気象データ処理システム」です。予測データだけでなく、過去データ(2012年以降)も取扱っており、気象に関するお客様の目的・課題に沿った多様な支援が可能です。※API形式のみならず、お客様のご要望に応じて、xmlやcsv形式による提供も可能です。

メリット・効果

  • 緯度経度によってリクエストされた最新の気象情報を即時取得可能。
  • 気象特有の仕様を熟知してなくても容易に開発できるため、開発期間の短縮やコストの軽減が可能。

特長

  • ご当地感
    気象データを1km格子単位の細かさで管理。
  • 鮮度保証
    情報の更新は30分間隔、降水データについては5分間隔の更新。
  • 扱いやすさ
    地点指定のパラメーターは「緯度経度」のみ。
  • 特許取得済
    2017年6月に取得(特6164872号)。

気象APIに関する詳細情報

http://www.halex.co.jp/service/api.html

何をお探しですか?