提言 Re-Design by Digital
―デジタルによる社会の再構築―

NTTデータ経営研究所は、2020年7月に『「オンライン・ファースト社会」という新しい日常』と題した提言の中で、「生身の人間の活動としてのリアルとオンライン(デジタル)という新しいリアルを自在に使いこなす」という考え方を発表しました。その考え方に基づき、「目指すべきデジタル社会の方向性」、「デジタル社会を支える情報システムの在り方」、「デジタル社会実現のために必要となる人材」の3つの観点から具体的に実現すべき7つのメッセージについてまとめました。

“Re-Design”を考える Re-Design by Digitalの各テーマに沿って、NTTデータのエバンジェリストであるRelationship Builder(RB)と有識者の対談をお届けします。

提言
1・2

あらゆる生活者が参加し対話できる社会
環境変化を感知し意思決定を行う社会

#3 “サービスの連鎖”で生活者に寄りそう街をつくる ~スマートシティで予測できない未来をきりひらく~

慶應義塾大学の田中浩也教授とNTTデータでスマートシティを実現するプラットフォーム
「SocietyOS」に取り組む塩見の対談を通じて、スマートシティ実現に向けた要諦を探ります。

(※)Relationship Builder(RB):RBはNTTデータのエバンジェリストです。個々人の知見があるテーマや、関連コラム等を掲載しています。

NTTデータが考えるアーキテクト像

新たな社会を思い描き、デジタル技術を駆使して、
その実現を果たすためには「アーキテクト」が必要です。

社会の「あるべき姿」を描くとともに、その具体的なしくみをデザインし、
実現を進めていくことができるのが「アーキテクト」です。

NTTデータは、「アーキテクト集団」として新たな社会のしくみの創出に貢献していきます。