何をお探しですか?

NTT DATAを知る

NTTデータが大切にしていること、注力分野などをわかりやすくまとめてご紹介します。
NTTデータはITを用いて新たな「しくみ」を創造し、社会や組織の発展をサポートしてきました。
グループ全体で10万人を超える社員が、世界50以上の国と地域、200を超える都市においてサービスを展開しています。
お客さまから「信頼いただけるパートナー」として、世界中のお客さまとともにイノベーションを実現していきます。

社長メッセージ

私たちNTTデータグループは、「Trusted Global Innovator」をグループビジョンとして掲げ、事業のサービス化、グローバル化を推し進めています。現在では、世界中の多くの国・地域で、多種多様な人財が活躍しており、世界のどの場所にいるお客様に対しても、さまざまなITサービスを提供できるようになりました。

代表取締役社長 本間 洋

続きを読む

Group Vision

Trusted Global Innovator

Group Visionは、NTTデータグループが10年後に目指す姿を示したものです。
ITの技術革新は目覚しく、ビジネスモデルの変化も急加速しているこの予測困難な時代において、私たちの目指すべき姿は、自社のみの利益を追求するのではなく、どこまでもお客さまに寄り添い、お客さまの豊富なアイデアと私たちが強みを発揮する世界中の最先端テクノロジーとを結び付け、ビジネスイノベーションや社会的課題の解決をともに実現していくことでお客さまから長期的に信頼されるパートナーとなることです。
ビジネスパートナーとして世界中のお客さまから「信頼」を得ることでグローバル市場で大きな存在感を発揮していきます。

イノベーション

未来はお客さまやビジネスパートナーとともに切り拓いていくもの。
そう私たちは考えています。NTTデータはNTT DATA Technology Foresightが指し示す未来を共有し、
ノウハウとリソースを結びつけながら、イノベーションを創出していきます。

イノベーション創出にむけた活動

1 先進的テクノロジーの先を読む

技術の将来展望
NTT DATA Technology Foresight

革新を続けるテクノロジーは、社会のしくみを未来へ前進させるとともに、既存のビジネスモデルをも新たなステージへと導いていきます。
デジタル化が進み、社会変革の次なる出発点にある現在において、最適な経営判断を行うには、将来変化を捉え、進むべき道を解き明かすことが重要です。

NTTデータでは、今後3年から10年の間に大きなインパクトをもたらす先進技術や社会動向を継続的に調査し、調査結果から導出した将来予見を「NTT DATA Technology Foresight」として毎年公開しています。
このトレンド情報を基に、お客さまと将来に向けたコミュニケーションを深めていきます。

詳しく見る


イノベーション創出にむけた活動

2 イノベーションを生み出す仕組み

お客さまとの共創
オープンイノベーションフォーラム「豊洲の港から」

NTTデータは、最先端の技術とアイデアを持つ世界のベンチャー企業、当社のお客さまである様々な業種の大手企業/金融機関/公共機関、そして世界の情報インフラを支える当社の技術/ビジネスソリューションを「掛け算」し、三者が互いに「Win-Win-Win」の関係となる革新的なビジネスを創発するオープンイノベーション活動“豊洲の港から”に取り組んでいます。

詳しく見る

沿革

1967年から現在までの主な出来事をご紹介します。
1967-1987

源流期

データ通信サービスの黎明期
日本電信電話公社データ通信本部設置当時から主に日本における社会インフラや電子計算機にかかわる事業を展開。

1988-2004

変革と挑戦期

NTTデータ通信株式会社設立
公共・金融・産業と、分野別のシステム開発による新たな市場を創出し、さらに拡大。
今では当たり前の存在であるICカードやバーチャルモールなどをはじめとする技術を日本で先駆けて導入し、現在につながる「便利」や「安心」の礎を築く。

2005-2018

グローバル戦略期

アライアンス強化から海外事業の拡大へ
お客様IT部門との協業による国内アライアンス強化と、M&Aによる積極的な海外進出および海外への技術展開。