コンサルティング

進化するテクノロジーを活用し、お客さまと共に、Foresightを起点に経営と事業を変革する

進化するテクノロジーで変革する
経営の未来

テクノロジーの進化は、人間の認識や演算などの能力を拡張し、時間や場所の制約から解放します。それらは経営・業務のコスト構造や価値創出のあり方を変え、既存の業界構造やビジネスモデルを根底から揺さぶっています。

企業は、変化の後追いではなく、自ら産業の未来像(Foresight)を描き、テクノロジーがもたらす産業の変化の先頭に立って事業及び組織を変革していくことが求められています。
NTTデータのコンサルティングは、Foresightの構想から、それに基づく事業変革、そのために必要となる組織能力の変革までエンドツーエンドで伴走し、お客さまと共に、新しい産業の未来を実現します。

テクノロジーが顧客との接点を変える

テクノロジーは、あらゆる産業において顧客体験と価値創出のあり方の変革を可能とします。たとえばスマートフォンやセンサーによりあらゆるところに顧客接点をつくることができ、データとAIはサービスや製品を利用状況に応じて顧客のニーズにフィットするように変化させ継続的に価値向上させることを可能とします。また、複数のサービス同士を切れ目なくつなぎ合わせることも容易になっています。
これらの変化は、顧客接点全体を通して時間や場所を選ばず、自分にぴったりで継ぎ目のない新しい体験価値をつくると同時に、自動化と効率化でバリューチェーンのコスト低減も両立させることができます。
さらには、テクノロジーの進化は製品の製造から販売、マーケティングを通した消費財メーカーと小売業の接点や、一連の移動体験を通した自動車、交通機関、商業施設や自治体など、既存の「業界」同士の境界線をあいまいにして行きます。
NTTデータが考える、これらの産業のForesightを例示します。

― テクノロジーによる顧客接点変革のForesight例 ―

小売

消費体験が変わる
~SLOW RETAIL~

つながりや共感、ウェルビーイングを重視するSLOWモデルへ

詳細はこちら

モビリティ

移動体験が変わる
~モビリティコマース~

移動体験そのものを目的化させ、エンタメ性やゲーム性を付加した新たな価値の実現へ

詳細はこちら

食品

食と健康が変わる
~Food&Wellness~

バリューチェーン全体をデジタルで変革し、Wellness領域での新たな生活者体験を生み出す

詳細はこちら

医薬

健康と医療が変わる
~Medical Experience~

治験、創薬研究のバリューチェーン変革に加え、早期診断や予防・治療・予後の患者体験向上へ

詳細はこちら

防災

防災が変わる
~ハイレジリエント社会~

一人ひとりが「今、必要としていること」を提供し、ひとの力を最大限発揮するハイレジリエント社会へ

詳細はこちら
デジタル変革のための道のり
~変革のための重要成功要因~

デジタル変革に取り組む企業や組織では、リソースの不足と新旧の事業・組織の断裂が大きな課題となっています。変革の成功のためには、デジタルを前提とした新たな顧客提供価値のデザインとともに、仮説検証型の従来とは異なるマネジメントが求められます。具体的には、アジャイルにビジネスを推進する組織をつくり、プロセス、人材、組織文化のすべてを同時に変える変革を、既存事業との適切な距離を保ちながら進める必要があります。
NTTデータでは、このようなデジタル変革を成し遂げるために必要な様々な取り組みを、「ビジネス戦略・ビジョン」「ビジネスアーキテクチャ」「組織能力」の3つに分けて、「変革のための重要成功要因」として定義し、お客さまの変革をサポートします。

デジタル変革のための道のり~変革のための重要成功要因~

NTTデータのデジタル変革コンサルティング

Foresightを描き、新たな組織能力を獲得してビジネスアーキテクチャを構築することでお客さまの変革を成功させるために、NTTデータは「デザイン」「データ」「ビジネス」「テクノロジー」のケイパビリティを結集したコンサルティングを提供します。お客さまとNTTデータの描く未来像とをかけあわせ、戦略策定、価値検証、業務変革、IT導入、業務運営までエンドツーエンドで伴走します。

DX推進の経営・事業課題

変革アプローチ

DX方針がが不明瞭で、事業計画や事業ポートフォリオ変革の意思決定が難しい

DX戦略コンサルティング
明瞭なDX方針の策定と変革の推進

詳細はこちら

十分なビジネス改革につながらない

Enterprise Agile の導入支援
ビジネスプロセスに着目した価値創造組織への変革

詳細はこちら

新規事業に取り組めていない
実証実験は多くしてきたが成果(事業規模のスケール)につながらない

デジタル事業開発・異業種共創
新規事業開発と成果創出

詳細はこちら

デジタル技術の導入を進めたものの、十分なデータ活用が進まない

データドリブンによるデジタルサクセス
データ活用を起点としたビジネス変革

詳細はこちら

必要な人材が明確でなく、慢性的な人材不足感や育成懸念を抱えている

デジタルタレントコンサルティング
デジタル人財の創出と活用

詳細はこちら

ニュース

レポート&コラム

デザイナーは組織や文化もつくる!めざすのはイノベーションフレンドリーな組織

『デザイン思考』という言葉が一般的になって久しい。プロセスや方法論の理解は進み、ビジネスに取り入れている企業も増えてきた。その一方、実用段階で上手く活用できてないという声も聞かれる。
いま、デザイナーに求められる役割とはなにか。今回は、NTTデータのデザイナー集団「Tangity Tokyo」を率いる村岸史隆と株式会社インフォバーンのデザイン事業部「INFOBAHN DESIGN LAB.(IDL)」で主管を務めるデザイン・ストラテジストの井登友一氏が対談。二人の対話から、イノベーションを起こすための組織文化、マインドセット変革におけるデザイナーの役割に迫る。
官公庁・自治体 | 流通 | モビリティ | デジタル化・DX | コンサルティング
2022年6月29日

ゼロから1を生み出すビジネスディベロッパに必要な「自分を信じる力」

ビジネス創出に必要なのは、「自分が考えたビジネスが、お客さま、そして世の中の役に立つと思い込める力、つまり、自分を信じ切れる力」――こう語るのは、NTTデータの『ビジネスディベロッパ』である尾崎哲夫だ。ビジネスディベロッパは高度な専門性を持ち、お客さまや自社の新規ビジネスの創出から具現化、定着までを主導する役割を担う。
自身の気づきで世の中をも変えることができる。ビジネスディベロッパの役割、そしてそのやりがいを、尾崎が手掛けたプロジェクトに触れながら紐解く。
流通 | 製造 | 通信・放送 | AI・データ&インテリジェンス | デジタル化・DX | コンサルティング
2022年5月26日

災害にデータで立ち向かう!
―災害対応力を進化させる防災情報の活用―

昨今、地震や風水害などの災害が頻発、広域化しており、行政・企業など各組織が防災・災害情報を広く共有し、迅速・的確に対応することが求められている。その一助となるのが、防災科学技術研究所の基盤的防災情報流通ネットワーク『SIP4D』やNTTデータの『防災情報プラットフォームD-Resilio®』だ。本稿では、防災IT政策推進の第一人者、臼田裕一郎氏と防災情報の活用に必要な仕組み、心構えなどを紐解く。
官公庁・自治体 | 防災・レジリエンス | AI・データ&インテリジェンス | デジタル化・DX | Innovation Conference | コンサルティング
2022年5月2日

イオン生活圏のかなめ!決済サービスのDXの舞台裏で活躍する人材とは?

イオングループにおける金融領域の事業会社として、国内全域でさまざまな決済サービスを提供するイオンクレジットサービス株式会社(以下ACS)。決済が多様化する環境変化の中、イオングループのシナジーを活かし、顧客のニーズに合わせたサービス創出・強化を目指している。同社は、その取り組みのキーとなるDX推進に向け、NTTデータが人員面の支援を行う「デジタルテクノロジーディレクター®」を導入し、組織横断による課題解決を力強く進めた。

流通 | 顧客接点・決済 | デジタル化・DX | コンサルティング
2022年4月28日

トップファーマーと挑む製薬業界DX戦略の最前線

NTTデータは製薬業界におけるリアルワールドデータ(RWD)の利活用に取り組んでおり、その課題と解決への取り組みを中外製薬とともに紹介する。目指すは多くのプレーヤーとの協働で築く、患者さんと医療関係者の双方の視点に根差した仕組み。多くの業界と関り構築するエコシステムを探りながら、中外製薬が掲げるDX戦略も交えて未来の製薬企業の姿と将来のヘルスケアの展望を紹介する。
医療・ヘルスケア | ライフサイエンス | AI・データ&インテリジェンス | デジタル化・DX | Innovation Conference | コンサルティング
2022年4月11日

三菱重工とNTTデータの共創で進化するカーボンニュートラル

2022年1月からグリーンコンサルティングサービスの提供を始めたNTTデータ。その取り組みを高度化させるのが、三菱重工との共創だ。三菱重工のAIソリューション「ENERGY CLOUD」を活用して、製造業向けのグリーンコンサルティングサービスを進化させるという。
今回は特にカーボンニュートラル、そのなかでもGHG(温室効果ガス)排出量を可視化する取り組みに注目。三菱重工とNTTデータ、それぞれのカーボンニュートラル戦略のキーマンの話から、両社の具体的な取り組みや共創によるシナジーを紐解く。
製造 | カーボンニュートラル | AI・データ&インテリジェンス | デジタル化・DX | Innovation Conference | デジタルツイン | コンサルティング
2022年3月17日

『デジタル変革と学習する組織』

著者:NTTデータ 代表取締役副社長執行役員 山口 重樹

既存事業を持つ大企業がデジタル変革を成功させるために、アジャイルビジネス組織によって組織と人財を変革するための取組みを、NTTデータ自身の事例を交え解説しています。

詳しく読む