アプリケーション開発・管理

Application Development and Management (ADM)
アプリケーション開発の高生産性を追求しビジネスアジリティを向上

ビジネスアジリティの向上と価値の創出
進化し続けるアプリケーション開発

市場でも急速に成長を続けるAgile、DevOps、Cloud Native、Low Code Platform、iPaaSなどの最新技術と、ウォーターフォール開発などの従来のアプリケーション開発を柔軟に統合・モダナイズしお客様にとって“適材適所”な提案と実践ができることがNTTデータの強みです。

NTTデータのイノベーションにより、複雑なアプリケーション開発の生産性と高い品質で、お客様のビジネス価値に貢献します。

サービス

Consultation Service

ビジネス・IT戦略を踏まえた目指すべき姿を描き、現実的なロードマップを策定する事はDXの成否に直結します。

Value Stream Management

組織がサイロ化し業務が複雑化するに連れて、エンドユーザに提供する価値に必ずしも直結しない業務や、スピーディな価値提供に対してボトルネックになっている箇所が存在します。
NTTデータが実践するValue Stream Managementは、ビジネス価値の「流れ」をリアルタイムにend-to-endで可視化し、こうしたボトルネックに対して継続的な改善を施すことで、ビジネス価値の流れを最適化します。

Agile Transformation

激しい変化に追随しビジネスアジリティを向上させる為にはITシステムの変革に留まらず組織やプロセス、ルールといったビジネスや経営まで踏み込んだ変革が必要です。

DevOps & Service Centricity

DevOpsはアプリケーションやサービスを高速に市場に投入できる有効な手段ですが、DevOpsの知識がなく技術者も不在、技術者はいるが属人化や手作業が増加、手作業を排すためにツールを導入したがプロセスは従前のままで効果を実感できないといった課題が散見されます。

Cloud Native Development

VUCAの時代においてAgile開発やDevOpsは有効であり、この核となるのがクラウドネイティブアプローチであるとNTTデータは捉えています。

Low Code Application Development

DX進展に伴いビジネス部門による直接的なアプリケーション開発、内製化や高速開発への期待からローコードプラットフォーム(LCP)への関心が急速に高まっています。

Application Development Modernization

GAFAMを代表するTech Giantや、OSS活動の隆盛に伴い、ソフトウェア開発のための技術進化が高速化しています。デジタルビジネスの勝者を目指す多くの組織は、より素早く開発を進めるためにそうした技術の取り込みを進めています。こうした環境により、ソフトウェア開発技術は非常に高速な進化を遂げています。

Integration Platform as a Service

既存システムや乱立するサービスのインテグレーションが足かせとなり期待するビジネスアジリティを実現できないといったことが発生しています。

エキスパート

全世界のNTTデータのアプリケーション開発者

50,000

Agile、DevOpsなどを専門とするアプリケーション開発のスペシャリストをはじめ、API設計、クラウドなどのソフトウェアアーキテクチャのスペシャリストなど、トータル50,000人以上のアプリケーション開発者がお客様のビジネスをサポートします。

大規模アジャイルフレームワーク「Scaled Agile Framework®(SAFe)」の有資格者

2,000

NTTデータでは、お客様のビジネスアジリティを加速し、組織のデジタルトランスフォーメーションを支援するための手法として、大規模アジャイルフレームワーク「Scaled Agile Framework®」の活用を推進しています。
NTTデータグループは2020年に日本企業初、グローバルで第3社目の「Global Transformation Partner」の認定をSAFeを提供するScaled Agile, Inc.社から受け、世界の各拠点で、SAFeの認定コンサルタントであるSAFe Program Consultantを150名以上、それ以外のSAFe有資格者を2,000名以上配備しています。

ローコード開発のエキスパート

5,600

DXプロジェクトにおいて、5,600人以上の認定されたエキスパートが自社IPを含むローコードプラットフォームを活用し、DXプロジェクトの開発をサポートしています。
1,300以上のプロジェクトが、ローコードプラットフォームを導入し、お客様のDXの推進をしています。ローコード導入までのコンサルティングや計画、ローコードの採用のためのオンボーディング、DXへの適用、ガバナンスと制御を含む生産的なモデルのスケーラビリティなど、ライフサイクル全体を通じ、お客様と共創します。

サクセスストーリー

ビジネス高速化のエンジンは大規模アジャイルと組織変革

市場の動きにいち早く適応し、新たなサービスを迅速に打ち出す――加速する環境変化に俊敏に対応するアジャイル開発の次のトレンドとして「ビジネスアジリティ」の考え方が世界で注目されている。日本でもビジネス高速化を目指すアジャイル開発導入や内製化の動きが活発である。これらを取り入れ実際にビジネス高速化の成果上げているのが株式会社ジェーシービー(JCB)だ。開発手法だけにとどまらない「ビジネスプロセスと組織両面の改革」による成功に迫る。

READ MORE

NTTドコモが社運を賭けた「ahamo」。初の大規模アジャイル開発の裏側に迫る

株式会社NTTドコモは2021年3月26日、デジタルネイティブ世代向けの新料金プラン「ahamo(アハモ)」のサービスを開始した。NTTドコモはこのahamoのサービス提供にあたり、申し込みWebサイトやアプリケーションなどの開発にアジャイル開発を採用。大規模プロダクトでは同社初となるこの取り組みを、株式会社NTTデータがパートナーの立場でサポートした。その経緯と開発プロセス、そして成果として得られた知見について、NTTドコモ、NTTデータ両社の担当者インタビューを紹介する。

READ MORE

NTT東日本の顧客サービス向上の業務変革の取り組み。ローコードプラットフォーム、既存システムとのAPI連携、セキュアなネットワーク環境で実現した業務フローの自動化の実現と新たな価値の創出

NTT東日本は、顧客サービスのさらなる効率化と品質向上を図る取り組みとして、『DX(デジタルトランスフォーメーション)推進ワーキング』というグループを立ち上げ、様々な業務変革に取り組んでいる。

READ MORE

Library

獲得アワード

グローバルパートナー

Cloud Native Computing Fundation
OutSystems
salesforce
Sclaed Agile
ServiceNow
vsm consortium

レポート&コラム

システム開発モダナイゼーション成功の秘訣

大規模ウォーターフォール開発プロジェクト、特に歴史あるプロジェクトにおいては、様々なしがらみ、ルールが存在し、システム開発のモダナイゼーションで障壁になることが多い。筆者の経験をもとに、モダナイゼーション成功のヒントを示す。
デジタル化・DX | アプリケーション開発・管理
2022年9月2日

開発技術・手法のレガシー化を乗り越える組織と人財

システムのレガシー化による影響は広く知られているが、開発に用いる技術や手法がレガシー化してしまうことや、その影響はあまり知られていない。本稿では、「開発の進め方のレガシー化」が引き起こす組織や人財に関する問題について解説し、対処方法を紹介する。
アプリケーション開発・管理
2022年8月23日

iPaaS導入効率化のための2つのポイント

近年、注目が集まり導入が進んでいるiPaaS(integration Platform as a Service)の市場規模は、今後も拡大していくと予測されている。しかし、iPaaS製品独自のアーキテクチャや仕様により、様々な導入課題が存在する。
本稿では、iPaaS製品の導入課題に対する打ち手として導入リファレンスやテスト自動化といったNTTデータの取り組みを紹介する。
クラウド | デジタル化・DX | アプリケーション開発・管理
2022年4月18日