量子コンピュータ・イジングマシン

最先端の計算技術によって、未来のビジネスを切り開く。

計算原理の革新による新しいビジネスの創出を、NTTデータがサポート

量子コンピュータとは

量子コンピュータ(Quantum Computer)とは、量子力学の現象を利用して高速な計算処理を実現するコンピュータです。IT技術が社会に広く普及していく中で、さらなる高度なビジネスを生み出す技術として高い注目を浴びています。
量子コンピュータの中でも「アニーリング型」・「ゲート型」と呼ばれる分類や、特化する領域に応じてFPGA・GPUなどを活用し高速化を目指す「イジングマシン(アニーリングマシン)」など、多くの技術が生まれています※1

高速化への期待

身近なスマートフォン・オフィス用パソコンから、企業や機関向けの大規模なサーバまで、現代の既存のコンピュータは幅広い業界で貢献をしてきました。
しかし、高度なAI(機械学習)やDXの機能の実現や、金融工学や化学などのシミュレーションを行う際には、既存のコンピュータで扱いきれないような膨大な計算を要求されます。莫大な計算リソースが必要なビジネスが増えていく中で、計算の原理を抜本的に変えることにより、従来には為し得なかった高速化が期待されています。

進む研究と幅広い用途での活用検討

量子コンピュータは、複雑で膨大な計算を実現し、産業の下支えをする存在として研究が進められています。
計算することが難しいために諦めてきた様々なビジネスを、量子コンピュータによって実現できるのではないかと多くの企業が考えており、ビジネスにおける生産性向上から、AI・機械学習などのデータサイエンス、更には基礎科学の領域まで広範な用途での活用や検討を進めています。

NTTデータの提供するサービス

NTTデータでは、量子コンピュータ及びイジングマシンを
実際に動作させ計算するノウハウや知識といった高い専門性を強みに、
お客さまの疑問に寄り添う技術検証・コンサルティングサービスを提供しています。

量子アニーリング・イジングマシン
検証サービス
様々な用途・特徴を持つハードウェアの中で、お客さまにとって最善の選択をするサポートします。また、お客さまのビジネスや興味に合わせた技術的な調査・検証を提供します。
ビジネス適用・組合せ最適化
コンサルティングサービス
量子コンピュータが活きる領域をビジネスから抽出するためには、技術とビジネスの両方を把握する必要があります。お客さまが持つ計算に関する課題全般に焦点を当て、幅広い解決策を提示するコンサルティングサービスを提供します。
検証結果や活用ノウハウの情報公開
研究機関・ハードウェアベンダと連携しながら、未来の技術の発展に貢献すべく、調査と情報発信活動を行っています。

NTTデータの強み

1人財

量子コンピュータを活用するためには、数理最適化・AI(機械学習)からシステム開発まで幅広い知識が必要です。NTTデータは理解が難しい「量子」に対して抱く、お客さまの疑問点や興味に応えられるよう、分かりやすい分析とご説明を専門家が提供します。

2多彩なサポートメニュー

「量子」とは何か把握したいお客さまから、既に業務上の計算課題を抱えていてハードウェアの検証をしたいお客さままで、業界に応じて幅広いフェーズのご要望がございます。NTTデータは、量子コンピュータに関するレクチャーから、実際にハードウェアを利用したベンチマークまで、様々なメニューを取り揃えています。

3幅広いパートナー

量子コンピュータ及びイジングマシンは、様々なハードウェアに応じて方式が大きく異なるため、活きるシーンや特徴が多種多様ございます。NTTデータは様々なハードウェアベンダと連携し、各社のマシンのノウハウを持ちつつ、お客さまの用途を踏まえた上で最善の選択ができるような体制を整えています。

ピックアップ

お知らせ

2021/10
ニュースリリース
組合せ最適化問題の計算手法「アダプティブ・バルク・サーチ」の実行環境を無償公開
2021/10
イベント登壇
テクノロジーカンファレンス2021にて登壇「量子ゲート方式の金融活用事例デモ」「量子アニーリング×数理最適化の実例」
2021/10
イベント登壇
NTT DATA's Quantum Annealing Activities for Traffic Optimization Toward Smart Society
2021/05
お知らせ
東京大学「量子ソフトウエア」寄付講座の設置について
2021/05
動画公開
量子講座1:量子コンピュータとイジングマシンの概要
2021/05
動画公開
量子講座2:イジングマシンの活用方法
2021/01
サービスインフォメーション
「NTTデータ 量子コンピューティングガイドライン 量子アニーリング/イジングマシン編」を公開
2020/12
論文
Larger Sparse Quadratic Assignment Problem Optimization Using Quantum Annealing and a Bit-Flip Heuristic Algorithm
2020/11
論文
Fully-Pipelined Architecture for Simulated Annealing-based QUBO Solver on the FPGA
動画:https://www.youtube.com/watch?v=j_1ZHmv2_CA
2020/11
論文
Efficient GPU Implementation for Solving the Maximum Independent Set Problem
動画:https://www.youtube.com/watch?v=THqJHTI9cQ4
2020/10
イベント登壇
「量子コンピュータ」は今のコンピュータに取って代わってしまうのか?(動画)
2020/10
イベント登壇
量子アニーリング活用最前線 ~イジングマシンと組合せ最適化~
動画:https://www.youtube.com/watch?v=QpTtwoc-65Q
2020/09
イベント登壇
NTT Data: A Delay-Aware Trick for D-Wave to Solve Combinatorial Optimization in Business(動画)
2020/08
ニュースリリース
GPUの計算性能を最大限活用する組合せ最適化問題の新解法を公開
2020/08
論文
Adaptive Bulk Search: Solving Quadratic Unconstrained Binary Optimization Problems on Multiple GPUs
動画:https://www.youtube.com/watch?v=leWjWLbdwbU
2020/05
論文
A Work-Time Optimal Parallel Exhaustive Search Algorithm for the QUBO and the Ising model, with GPU implementation
2020/02
サービスインフォメーション
AIファイナンス応用研究所と量子コンピュータに着想を得た新しいインデックス運用の改善手法に関する論文を公開
2019/12
論文
Quantum-Inspired Weighting Approach to Correlation Diversified Passive Portfolio Strategy
2019/11
技術記事
量子コンピュータの開発と活用の現状
2019/09
技術記事
量子コンピュータ動向 ~アニーリングマシン活用の勘所~
2019/03
論文
ギロチンカット制約を有する板取り問題に対する量子アニーリングの適用
2019/01
ニュースリリース
量子コンピュータ/次世代アーキテクチャ・ラボのサービス開始
2019/01
技術記事
量子コンピュータと関連技術の2019年を占う
2018/10
論文
量子アニーリングの実用化動向
2018/09
技術記事
量子コンピュータのポテンシャリティ
2018/08
ニュースリリース
AIファイナンス応用研究所と量子コンピュータの金融ビジネスへの適用に向けて協業
VIEW MORE

レポート&コラム

組合せ最適化問題の新解法「アダプティブ・バルク・サーチ」

近年、組合せ最適化問題を高速に解く手法の研究開発が活発に行われている。NTTデータは2020年8月17日に広島大学と共同で「アダプティブ・バルク・サーチ」を公開した(※1)。本稿では、これらの技術に注目が集まる背景と、公開した手法の特徴について説明を行う。
量子コンピュータ | 産学連携
2020年9月14日

量子コンピュータに着想を得た新しいインデックス運用の改善手法

2019年11月に、AIファイナンス応用研究所と協同し、量子コンピュータに着想を得た新しいインデックス運用の改善手法に関する論文をSSRNに公開した。本稿では、論文の概要を解説する。
量子コンピュータ
2020年2月12日

量子コンピュータの開発と活用の現状

計算機のさらなる高速化を求め、近年量子コンピュータが話題となっている。この量子コンピュータは大きく2種類の方式に分かれるが、これらは混在して説明されやすい。本稿では、2種それぞれについて現在の開発状況や活用状況を解説する。
量子コンピュータ
2019年11月18日

量子コンピュータのポテンシャリティ

長年夢のマシンと思われてきた量子コンピュータが、2011年D-Wave社の商用化成功を端緒に、実用化に大きく前進している。圧倒的な処理速度は、これまであきらめていた新しいサービスの実現に大きく寄与するであろう。
量子コンピュータ
2018年9月18日

技術トレンド「ITインフラの多様な進化」 NTT DATA Technology Foresight 2018シリーズ~Vol.9

NTTデータが導出した2018年の情報社会や技術のトレンド「NTT DATA Technology Foresight」を全10回で紹介。第9回は技術トレンド「ITインフラの多様な進化」。
NTT DATA Technology Foresight | 量子コンピュータ
2018年9月3日

量子コンピュータが暗号技術の安全性を脅かす?

近年、量子コンピュータの研究開発が活発化している。実用化にはまだ当分時間がかかりそうではあるが、その技術の蓄積は確実に進んでいる。将来、量子コンピュータが普及すると、金融取引などのデータ通信で不可欠な「暗号技術」はどのような影響を受けるのだろうか?
セキュリティ・認証
2018年6月11日

本掲載内容に関するご依頼やご相談は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ
  • ※1量子コンピュータという用語が指す範囲は、技術・市場的な変動のために、メディアによって異なる場合がございます。本ページでは、技術的な記載内容に応じて量子ゲート方式・量子アニーリング方式・イジングマシンを区別し記載していますが、特段の注意を要さない範囲において、3者をまとめて量子コンピュータと表現する場合がございます。
  • ※2協力企業、およびハードウェアの名称は以下の通り(カナ順)です。
    • D-Wave Systems Inc.™
    • 日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Q)
    • 日本電気株式会社(Vector Annealingサービス)
    • 日本電信電話株式会社(LASOLV)
    • 株式会社東芝(シミュレーテッド分岐マシン)
    • 株式会社日立製作所(CMOSアニーリングマシン)
    • 株式会社フィックスターズ(Amplify Annealing Engine)
    • 富士通株式会社(デジタルアニーラ クラウドサービス)
  • ※3記載されている会社名、商品名、又はサービス名は、各社の商号・商標又は登録商標です。