ビッグデータ・BI

膨大なデータ(ビッグデータ)活用を通したサービス・ソリューションを紹介します。幅広いビジネス課題に対応するNTTデータの最新の取り組み事例やニュースをご覧ください。

デジタル化に伴い企業内外に蓄積されている多種多様で膨大なデータ(ビッグデータ)を分析し、企業の経営やビジネスの意思決定に活用するのがビジネスインテリジェンス(BI)です。

これにより、デジタルトランフォーメーション時代における経営メリットや競争優位性を顕在化させることができます。

NTTデータは、お客様企業のパートナーとして、ビッグデータ活用における

  • 潜在ニーズの掘り起こし、業務ユースケースのコンサルテーション
  • 価値創出/定着化のサポート
  • 分野・業界軸でビッグデータの新サービス・ソリューションの整備・展開

を提供しています。

また、NTTデータは自社グループで手がけるグローバル規模の開発プロジェクトにビッグデータ活用・BIを適用して工期短縮や品質向上を達成しており、そこで得た知見やノウハウに基づくグローバルBIサービスを提供しています。導入前の事業改革ビジョンの策定やロードマップの作成、グローバル規模でのビッグデータ活用・BIの実装、導入後の定着化・活用まで、トータルに支援します。

ビッグデータに関連するピックアップ

ビッグデータとは

ビッグデータとは何か

ビッグデータの定義として挙げられる要素として、次の3つの”V”があります。

  • Volume(量)⇒データの総量をさします
    米調査会社IDCによると、2012年に2.8ゼタ(1兆の10億倍)バイトだった全世界のデータ量は、20年には14倍の40ゼタバイトに膨らむと予測されています。
  • Variety(多様性)⇒データの種類をさします
    データの種類として、そのデータが構造的か構造的ではないかといった観点で2つにわけることが可能です。構造化データと呼ばれるものは、従来から業務システム等で扱う購買や顧客などに関する表形式のデータです。一方、非構造化データと呼ばれるものは、SNSやメールといったテキストデータ、画像や同動画、音声のデータ、様々なデバイスから得られる位置情報やセンサーデータです。
  • Velocity(流動性)データの生成されるスピードをさします
    現在では、今この瞬間でも人やモノから様々な情報(データ)が発信されています。またそういったデータは更新が頻繁に繰り返されており、”今”をとらまえるリアルタイム性が求められています。

最近では、上記3つのVに、Value(価値)を加えた4Vや更にVeracity(情報の正確さ、信憑性)を加えた5Vとも言われています。

NTTデータは、この中で特に”Variety(多様性)”に着目し、いかに多種多様なデータへのアクセシビリティを高め、業務やビジネス、経営にとって有用な知見を得られるか。その点が、今後ますます加速するデジタル世界において重要なポイントになると考えています。

図1:(出典)総務省情報通信審議会ICT基本戦略ボード「ビッグデータの活用に関するアドホックグループ」資料より弊社作成

図1:(出典)総務省情報通信審議会ICT基本戦略ボード「ビッグデータの活用に関するアドホックグループ」資料より弊社作成

データの爆発的増加

デジタル化の進む近年、世界中で生成・蓄積されているデータ量は急増しています。
これは、急激にあらゆるものがデジタル化され、データとして蓄積・利用可能になっていることが最大の変化と考えています。
2020年には40ZB以上まで増えると予測されている全世界のデータ量のうち、非構造化データは8割を占めると言われています。
また、自動車、建物、家電、産業機器等がインターネットに接続(IoT)されたことによって生み出されるデータ量は、世界のデータ量の10%を占めると予想されていることからも、従来企業が扱ってきたデータや情報の定義が変わってきています。

これまで情報とすら認識されたいなかった”モノ”が、デジタル化によって、”データ”となり、更に”見える化”されるようになる。
こういった状況で、業務やビジネスはどう変化していくのでしょうか。

図2:(出典)総務省「情報流通・蓄積量の計測手法の検討に係る調査研究」より弊社作成

図2:(出典)総務省「情報流通・蓄積量の計測手法の検討に係る調査研究」より弊社作成

BI(ビジネスインテリジェンス)とは

BI(ビジネスインテリジェンス)は、一般的には経営・会計・情報処理などの用語で、企業などの組織のデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上などの意思決定に役立てる手法や技術のことと言われています。昨今は、ビジネスのグローバル化、日々大量に発生する企業内トランザクションデータ、外部データのビジネス活用等、ビッグデータの活用に基づいた迅速な意思決定が、競合他社に対する競争優位性発揮の差別化ポイントとなっており、その手法であるBIに期待が高まっています。
BIを実現するためのツールは、利用目的に応じてBA(Business Analytics)ツールとBIツールに分類することができます。現在では、多数のツールがあり利用者の拡大が進んでいます。

NTTデータが考えるビッグデータ活用とは

日々増加する、膨大かつ多種多様なデータ(ビッグデータ)ををいかにビジネスに活用するか?
幅広いビジネス課題に対し、ビッグデータを集約・管理し、経営資源とするNTTデータの取り組みを紹介します。
最新技術の活用や人材を紹介します
活用事例の一部を紹介します

ビッグデータに関連するラインナップ

お客様のソリューションに合わせた開発とともに、パッケージの提供もしています。

データ仮想化ソリューション「Denodo Platform」

各種データを仮想統合し、ニーズに応じたデータ活用を支援
Denodo Platformは、サイロ化したシステムを論理統合し、企業内に分散したデータの一元管理を可能とします。より鮮度の高いデータ活用で分析スピードを高め、経営判断の俊敏性向上に貢献します。Denodoの仮想ビューはリアルタイムなデータアクセス、社内外のデータとの柔軟な組合せによりデータの価値を見出せます。またローコードで仮想ビューが作成でき迅速なデータカタログの提供・拡張を実現します。
内部統制 | ビッグデータ・BI | 情報銀行

医療費適正化支援サービス

豊富な実績とノウハウでデータヘルスをサポート
国民健康保険、後期高齢者医療保険、健保組合等の保険者に向けた医療費適正化や健康寿命延伸を支援するフルアウトソーシングサービスです。レセプトデータや特定健診データ等を活用し、保険者が抱える課題を明確化、健康な人向けの健康維持増進や、高リスク者向けの重症化予防対策等を提供します。又、自治体向けの健康増進事業との連携により保険者の枠を超えた市民のQOL向上をサポートします。
医療・ヘルスケア | 官公庁・自治体 | アウトソーシング | ビッグデータ・BI | ライフサイエンス

BeAd顧客管理システム

企業の成長を支える顧客管理ソリューション
BeAd顧客管理システムは、日報情報、案件情報、契約情報等を統合的に管理が可能です。更に問合せ情報、FAQ情報等を顧客単位で一元管理でき、ポータル画面での参照が可能です。また、顧客訪問件数や受注見込額などをグラフや集計表に加工し、ポータルでの共有(見せる化)を実現します。
CRM(Salesforce) | クラウド | ビッグデータ・BI

BeAd販売管理システム

企業の成長を支える販売管理ソリューション
BeAd販売管理システムは、受発注から売上仕入、在庫管理および債権債務管理まで、販売業務に必要な幅広い機能を用意しています。また業種ごとに必要な機能をテンプレートとして用意しているため、様々な業種にフィットします。画面の項目が自由に変えられる「拡張項目機能」や入力サジェスト、キーボードによるセル操作など、ユーザの方が使いやすいシステムです。
EDI | ERP(SAP/Biz∫) | ビッグデータ・BI

DataNature Smart

業務現場のデータ分析ニーズを短期間/低コストに実現
基幹システムなどの既存DBから定期的に自動抽出するCSVデータや、手近なExcelデータを題材に、任意のカテゴリ/条件での検索・集計・分析、定型帳票のWeb/PDF/Excel出力にも対応。優れた操作性と高い費用対効果で、現場データの見える化を支援する中堅・中小企業向けBIツールです。
製造 | ERP(SAP/Biz∫) | ビッグデータ・BI

Accel-Mart

intra-martのプライベートクラウドサービス
intra-martのBPM/ワークフローをはじめとする様々な機能及びアプリケーションをクラウドで提供するプライベートクラウドサービスです。これまでシステム構築にかかっていた時間/コストを大幅カットし、intra-martをすぐにご利用いただけます。
利用範囲・用途に合わせて、2つのプランから選択可能です!
さらに、お客様の業務に合わせて、クラウドとオンプレミスのハイブリッド利用もできます。
クラウド | ビッグデータ・BI | ワークフロー

iTreasure®

個別管理していた顧客情報・営業情報・技術情報を統合管理
社内外に個別管理されている顧客情報・営業情報・技術情報を段階的に統合管理・関連付けすることが可能なソリューションです。情報を横ぐしで横断検索することが可能になるだけでなく、個別管理していた際には見えなかった関係性や情報に気付き、新たなビジネスチャンスの創発につなげることも可能となります。
金融 | AI | ビッグデータ・BI | 文書管理

Informatica Data Engineering(旧称:ビッグデータソリューション)

円滑なデータマネジメントを実現するデータ統合ソリューション
インフォマティカはデータ統合ソリューションです。分析業務の80%は分析前の準備作業と言われており、分析に最適なデータを準備するためのデータマネジメントが重要です。Informatica Data Engineeringは分析に向けた「ソースシステムからのデータ連携・統合」「データの見える化・探索」「分析データのセルフ加工・準備」を実現するソリューションです。
AI | ビッグデータ・BI

Alteryx

誰でも利用可能なセルフ分析プラットフォーム
Alteryxは、業務ユーザからIT部門まで誰でも使えるセルフサービス分析プラットフォームです。
直観的なユーザーインターフェイスを使用してデータカタログ/データプリパレ―ション/分析(予測・統計・空間)、結果の共有まで、一気通貫でサポートします。
製造 | 流通 | ビッグデータ・BI

DaTa TransLoader®

工場内データを柔軟に連携、活用
「DaTa TransLoader」は、ファナック株式会社が提供するFIELD system内に保管されている工場内各種データを必要な時に、必要な形で出力するためのツールです。 本ツールでは、高度なデータ活用を実現するため、データを多様な条件に基づいて「抽出」し、外部での活用に適した形式や項目に「変換」、さらには多様なプロトコルとフォーマットで「出力」するための機能を提供します。
製造 | AI | ビッグデータ・BI

気象API

気象の予測データや過去データを活用できる気象データ処理システム
「HalexDream!を使用したAPI」は、気象情報を活用して業務課題を解決したいお客様に、手軽に気象情報を活用いただくため、お客様の扱いやすさを重視して開発した「気象データ処理システム」です。予測データだけでなく、過去データ(2012年以降)も取扱っており、気象に関するお客様の目的・課題に沿った多様な支援が可能です。※API形式のみならず、お客様のご要望に応じて、xmlやcsv形式による提供も可能です。
流通 | 食農・農業 | 金融 | ウェブサービス | クラウド | ビッグデータ・BI

iCrawler®

AIで手作業による検索、内容確認、情報整理の効率化・高度化を実現
インターネット/SNSなど社外データや社内に点在している非構造データを、目的に応じた手法で自動収集し、自然言語解析によりデータの意味を解釈します。意味づけされたデータを分析、加工したりダッシュボードへ一括表示することにより、法人審査や営業支援をはじめとする様々なビジネスプロセスの自動化・高度化に寄与します。
金融 | AI | ビッグデータ・BI

あい作

営農支援プラットフォーム
あい作は、農業生産者・組合担当者にご利用頂く営農支援サービスです。産地の栽培情報の見える化や双方向のコミュニケーションを促進し、営農力向上・業務効率化を実現します。例えば生産履歴記帳の電子提出が可能となったり、蓄積されたデータを活用し、データドリブンな農業ICTを実現する等、高度な営農業務を支援します。
また、スマートフォンで撮影した画像から、稲の生育ステージ判定を行うAI診断機能も提供します。
食農・農業 | 流通 | ビッグデータ・BI | クラウド

NeuroAI® D-Planner

脳科学で「消費者にもっと伝わる広告」の実現をサポート
動画広告視聴時の脳情報のシミュレーション結果から、広告クリエイティブの特徴を定量化することで、広告マーケティングの効果予測を行い、さらに、多量なクリエイティブシミュレーションによる改善支援や企画支援を可能とする動画マーケティングソリューションを提供します。 ※脳科学×AIモデルで人間の感性に迫る革新的なソリューションを開発する基盤NeuroAI®を活用しています。
クラウド | ビッグデータ・BI

Data Discovery

頻繁に変化するソースデータの活用をサポート
ビジネスの変化と共に頻繁に構造変化するソースデータ。ソースデータの活用するにあたり、データ格納エリアとしてNoSQLデータベースのMarkLogicにありのままデータを取り込むだけでなく、データ活用のためのデータのロード、ハーモナイズ、検索、join、CSV出力をサポートするソリューションです。これらの機能はすべてGUIベースであり、ユーザ自身によってデータ辞書を育てることも可能です。
ビッグデータ・BI

DataRobot

高精度の予測と自動化を実現する革新的な機械学習プラットフォーム
高精度の予測と自動化を実現する革新的な機械学習自動化プラットフォームです。世界トップレベルのデータサイエンティストの知識や経験、ベストプラクティスが組み込まれており、機械学習を実施する上で、これまでにないレベルの自動化と使いやすさを提供します。
流通 | 製造 | 金融 | AI | ウェブサービス | ビッグデータ・BI

Prexifort-OCR e文書Plus

ペーパーレスと業務効率を推進するRPAソリューション
スキャナから取り込んだ書類の画像データから文字情報を抽出してテキストデータに変換する文書管理ソリューションです。検索キーの自動設定やタイムスタンプ、画像の保管・検索まで、ワンストップで提供します。 電子帳簿保存法の要件にも対応し、書類管理コストの削減や書類検索の効率化、ペーパレス化の実現を支えます。
官公庁・自治体 | 流通 | 金融 | ビッグデータ・BI | ロボティクス・RPA | 文書管理

法人審査ソリューション

多様なデータの自動収集・自動判定で審査業務を効率化
審査先の企業や店舗に関するあらゆる情報を、Webサイト・SNS・社内既存システムなどから自動収集・解析し、独自の審査ロジックによる自動判定を行うことで法人審査業務をサポートするソリューションです。初期審査では「受付・情報収集・判定・決裁」を一貫して行い、途上管理においては不正の早期発見を実現します。
AI | ビッグデータ・BI

CAFIS Presh®

販促情報のプッシュ配信で囲い込み・リピート率向上を実現
消費者がインストールしたスマートフォンアプリに対して、クーポンやキャンペーンなどの情報をプッシュ配信する販促プラットフォームサービスです。当社が提供するCAFISのクレジットカード決済情報や、スマートフォンから取得できるGPS・Wi-Fi等の位置情報を活用。継続的かつ効果的な販促活動を可能にします。
流通 | 金融 | GIS・GPS | ビッグデータ・BI | 顧客接点・決済

分析プラットフォーム「Tableau™」

定評あるBIツールとNTTデータのノウハウを融合
「Tableau」は、ビジネスデータへの疑問・悩みを数クリックで解決に導き、新しいトレンドを見つけ出すことを可能にします。米ガートナー社の「Magic Quadrant」でTableauは7年連続「リーダー」に位置付けられ、数あるBIツールの中でも非常に高い評価を得ています。
個人のお客様向け | CRM(Salesforce) | SCM | ビッグデータ・BI

Liquidity Master®

バーゼルIII流動性規制の各種指標値計算システム
バーゼルIII流動性規制に対応したLCR(流動性カバレッジ比率)やNSFR(安定調達比率)を算出する、金融機関向けシステムです。分類方法や定義、掛け目設定を可能な限りパラメータ化し、今後の規制変更にも耐えうる柔軟性を実現。キャッシュフロー生成機能を有し、上流システム側でのデータ準備負荷の軽減を図っています。
金融 | ERP(SAP/Biz∫) | ビッグデータ・BI

Basel Master®

バーゼル対応の信用リスクアセット計算システム
バーゼルII・III規制対応のうち、SA・FIRB・AIRB手法に対応した金融機関向け信用リスクアセット計算システムです。信用リスク管理分野で培った豊富なノウハウ・経験を活かし、金融機関の本質的な課題である、社内に散在している各種経営・リスク管理データの整備を図る「経営管理データ基盤」としても機能します。
金融 | ERP(SAP/Biz∫) | ビッグデータ・BI

Banking Analyze Master®

各種指標の一体管理で金融機関の経営効率化に貢献
金融機関が保有する全取引(預貸性取引・市場性取引)を統合管理し、現在価値・感応度・VaR・マチュリティラダー等の各種経営管理指標について、一体管理を実現するソリューションです。明細単位の5年ヒストリカルVaR等、大容量処理を高速実行する技術や金融庁向け帳票出力機能を搭載し、リスク管理の高度化を実現。
金融 | ERP(SAP/Biz∫) | ビッグデータ・BI

なずき®

幅広いビジネス用途に役立つ高精度な日本語解析エンジン
ネットなどにあふれる膨大な文字情報を解析して、有用な情報の抽出を支援する、高精度な日本語解析エンジンです。コンタクトセンターに集まる問い合わせ情報の分析やブログを利用したマーケティング分析など、幅広いビジネス分野への適用が可能。言葉の“意味”に着目し、テキストの要点を的確にとらえます。
CRM(Salesforce) | ウェブサービス | ビッグデータ・BI

グローバルBIサービス

グローバル規模の情報の「見える化」をトータルに支援
海外拠点などの複数システムに点在する情報を集約し、意思決定に活用できる形で「見える化」するビジネス・インテリジェンス(BI)の導入・定着を実現するサービスです。グローバル競争を勝ち抜くべく、地域単位の販売・生産・在庫管理からグローバル規模での戦略立案・オペレーション統一まで、総合的に支援します。
流通 | 製造 | SCM | アウトソーシング | ビッグデータ・BI

Hadoop/Spark構築・運用ソリューション

ビッグデータ活用を支える大量データ処理基盤を提供
オープンソースの分散処理基盤HadoopおよびSparkによる大量データ処理システムの構築・運用サービスです。他社に先駆けてこれまでに培ってきたHadoopおよびSparkに関するノウハウをもとに、コンサルティングから構築・サポートサービスの提供まで幅広く対応します。
オープンソースソフトウェア | システム基盤設計 | ビッグデータ・BI

IMDA®

真に活用されるデータウェアハウスを実現
「データモデル」「開発方法論」「開発環境」から構成されるデータウェアハウス構築のトータル・ソリューションです。金融機関を中心に業態を問わず多数の適用実績を誇ります。企業内に散在するデータを体系的に整理し、そのデータを集約したデータウェアハウスを構築し、情報活用を促進するという一連の取組みを総合的にサポートします。
ビッグデータ・BI

ビッグデータに関連するお客様事例

ビッグデータに関連するレポート&コラム

ゼロから1を生み出すビジネスディベロッパに必要な「自分を信じる力」

ビジネス創出に必要なのは、「自分が考えたビジネスが、お客さま、そして世の中の役に立つと思い込める力、つまり、自分を信じ切れる力」――こう語るのは、NTTデータの『ビジネスディベロッパ』である尾崎哲夫だ。ビジネスディベロッパは高度な専門性を持ち、お客さまや自社の新規ビジネスの創出から具現化、定着までを主導する役割を担う。
自身の気づきで世の中をも変えることができる。ビジネスディベロッパの役割、そしてそのやりがいを、尾崎が手掛けたプロジェクトに触れながら紐解く。
流通 | 製造 | 通信・放送 | ビッグデータ・BI | AI(人工知能) | デジタル化・DX
2022年5月26日

AIガバナンス確立へ~ AIアドバイザリーボード2022年度総会

情報システムでAIを使用する場合、品質制御や動作説明において特有の課題があり、予期せぬ倫理問題などに発展するリスクがある。信頼できるAI提供のために、NTTデータではAIアドバイザリーボードを組織し、AIガバナンス確立に向けた活動を推進してきた。
ビッグデータ・BI | AI(人工知能) | ロボティクス | デジタル化・DX
2022年5月25日

災害にデータで立ち向かう!
―災害対応力を進化させる防災情報の活用―

昨今、地震や風水害などの災害が頻発、広域化しており、行政・企業など各組織が防災・災害情報を広く共有し、迅速・的確に対応することが求められている。その一助となるのが、防災科学技術研究所の基盤的防災情報流通ネットワーク『SIP4D』やNTTデータの『防災情報プラットフォームD-Resilio®』だ。本稿では、防災IT政策推進の第一人者、臼田裕一郎氏と防災情報の活用に必要な仕組み、心構えなどを紐解く。
官公庁・自治体 | 防災・レジリエンス | ビッグデータ・BI | デジタル化・DX | Innovation Conference
2022年5月2日

IOWNから始まるデジタルツインが変える未来

NTTの新R&D構想IOWN。NTTデータはIOWNで開発されている技術を用い、デジタルツインによる高度なシミュレーションの実現や社会全体のDX、そして新サービスや産業の創出を目指している。都市デジタルツインの先駆的な研究プロジェクトを主導するMIT Media Labの取り組みを交え、デジタルツインが変える未来について探る。
ビッグデータ・BI | IoT | ネットワーク | デジタル化・DX | Innovation Conference
2022年4月26日

データ活用基盤を支えるBigtopソリューション

企業が抱えるデータが年々巨大化し、また将来の事業拡大規模を見通すことが難しい中、それらの変化を見据えたデータ活用基盤の構築や運用に課題を持つ企業は多い。長期的なデータ活用基盤運用に向けたApache Bigtop活用のメリットとBigtopソリューションの活用法を解説する。
オープンソースソフトウェア | ビッグデータ・BI | デジタル化・DX
2022年4月25日

データ分析技術を新しいしくみづくりにつなげる、データサイエンティスト

生活者と企業・行政が互いの信頼に基づき、生活者のデータを企業・行政に提供し、サービスへ反映させる。この循環から生活者のウェルビーイングを実現する社会『Smarter Society』を、NTTデータは目指している。
生活者視点で社会全体の新しいしくみや価値のデザインに取り組むNTTデータ ソーシャルデザイン推進室 部長の稲葉陽子は、入社以来、社会課題に関わる多様な分野でのデータサイエンスやAI技術の開発に従事してきた「データサイエンティスト」だ。
上流からの現場連携にこだわってきた稲葉は「データサイエンティストが挑戦できる機会や分野が、圧倒的に広がっている」と語る。新しい社会でデータサイエンティストが担う価値と可能性に迫る。
ビッグデータ・BI | 量子コンピュータ・イジングマシン | AI(人工知能) | デジタル化・DX
2022年4月22日

イベント・セミナー

オンライン
その他・横断的ソリューション

【ウェビナー】ヤマト運輸様ご活用事例!人流データ活用の最前線

開催日: 2022年7月13日(水)
行動把握の手段として「GIS×人流データ活用」が進んでいます。NTTデータでは独自の技術により建物・道路単位でピンポイントに人流を予測するサービスを小売、運輸、スマートシティ分野へ展開しています。本セミナーではヤマト運輸様にもご登壇いただき『人流分析・予測』を活用したDX改革事例をご紹介いたします。
ビッグデータ・BI
GIS・GPS
AI(人工知能)

NTTデータ ビッグデータ・リファレンス・アーキテクチャー

データ処理・分析に関する研究開発と、グローバルでのビッグデータシステム開発ノウハウの集約・体系化、お客様の先進的なデータ活用の仕組みづくりのサポートを行っています。特徴と活用事例をご覧ください。