人工知能(AI)とは

What is AI?

そもそも「人工知能(AI)」をどうとらえるべきか

いま最も注目されているテクノロジーの1つに人工知能(AI:Artificial Intelligence)があります。AIは、一般的には「人が実現するさまざまな知覚や知性を人工的に再現するもの」という意味合いで理解されています。
しかし実際には、AIに対して一意に決まった定義がなされているわけではありません。コンピューター・サイエンスや認知科学、医学、心理学、さらには哲学にいたるまで、今もさまざまな立場で論じられ続けている領域です。


AGI(Artificial General Intelligence:汎用的人工知能)はまだ存在しない

AIに対する最も大きな誤解が、「あらゆる問題に応えられる(答えられる)賢いAIがすでに存在する」というものです。現在のAIに人間の認識能力や常識、感情なども含めた森羅万象のすべてを理解させられるわけではなく、「何でもできる」存在ではありません。
あらゆる課題に対応できる汎用的なAIを実現することは研究者にとって大きな目標であり、さまざまなアイデアが提唱されていますが、ブレークスルーの決め手となるような手法は見つかっていません。その意味でもAIはまだ進化の途上にあります。


特定領域では人間を凌駕する能力を発揮する

もちろん、だからといって現在のAIが実用レベルに達していないわけではありません。何でもできる汎用的なAIはまだ存在しないと述べましたが、裏を返せば、範囲が限定された特定領域においてAIは、人間をはるかに凌駕する卓越した能力を発揮するケースがあります。たとえば医療の世界では、平均的な医師を超える診断を行えるAIが登場しています。また金融分野では超高速に超高頻度の取引を行うアルゴリズム取引が市場の半分以上の取引を実行していると言われます。

ディープラーニングによってAIの精度が大幅に向上

AIは、専門家が持つ経験則をルールベースに展開して人の知的作業を支援する「第一世代」から、統計/探索モデルによって最適解を発見する「第二世代」を経て、脳モデルに基づき認識性能を飛躍的に向上させる「第三世代」へシフトしています。

昨今、AIが急速に注目を集めるようになったのは、まさにこの第三世代のテクノロジーが出現したことにあります。人間の脳神経回路を参考にしたアルゴリズムである「ディープラーニング」と呼ばれる手法はその代表です。従来の機械学習のように、データサイエンティストが特徴量(※)を設計しなくても、コンピューター自身が膨大なデータを読み解き、そこに隠れているルールや相関関係などの特徴を発見します。人間と同じように帰納的な推論を行うことで、自律的に“意味”や“概念”をもあぶり出していくのです。さらに、その後も継続して学習を続け、賢さに磨きをかけていきます。

ディープラーニングによってAIの精度は大きく向上したのです。


※モノ・事象等の識別、予測などにおいて有用な情報であり、データ項目からの選択や、複数データ項目から組み合わせより設定する

AI技術の変遷

世代を超えた多様なAIの手法を適材適所で活用

ただし、単純に第三世代のAIが第一世代のAIよりも優れているわけではありません。目的や用途によって最適な手法は異なるのです。

最近よく話題になるAI将棋を例にとって考えてみましょう。何手も先の展開を読み、対戦相手の意表を突くような妙手をあみだすためには機械学習やディープラーニングの手法が必要です。しかし、将棋の基本的なルールや定石などをAIに覚えさせるのは、わざわざ学習させるよりも最初からルールベースとして登録したほうがはるかに効率的です。

このように第一世代から第三世代の手法を適材適所で組み合わせ、さらにはモバイルやウェアラブル、IoT、アナリティクス(統計分析)などのシステムともシームレスに融合しながら、さまざまな業務課題に対応するソリューションをデザインしていくことが、これからのビジネスにおけるAIへの向き合い方であり、活用法となるのです。


第二世代や第三世代を用いた仕組みだけでなく、
第一世代のルールに基づく仕組みも組み合わせて行くことがビジネスに求められるAIのあり方である

NTTデータが考える企業におけるAI活用とは

急速な勢いで進化を続けるAIをいかにビジネスに活用するか?
幅広いビジネス課題に対応するAI活用のポイントとNTTデータの取り組みを紹介します。

いま最も注目されているテクノロジーの1つに人工知能(AI:Artificial Intelligence)があります
AI活用のポイントとNTTデータの提供するサービスの一部をご紹介
AI技術を業務に組み込むための仕組み作りをご紹介
AI活用の実績、事例をご紹介

ピックアップ

レポート&コラム

「ハイブリッドAI」で自動運転の未来に新たな世界を
~新生NTTデータオートモビリジェンス研究所の挑戦~

「百年に一度の大変革期」といわれる自動車産業。自動運転など“CASE”への対応のカギを握るのはソフトウェアだ。その中で、2020年12月、NTTデータグループで組み込みソフト向けツールを提供してきたキャッツ株式会社がNTTデータオートモビリジェンス研究所へと社名を変更した。社名変更にかける想い、今後の戦略を中井CEOと渡辺CTOに聞く。
製造 | AI(人工知能) | AI | 製造 | コネクティッドカー | モビリティ | デジタル化・DX
2021年2月25日

アクティブラーニングの医用画像分析における活用事例

AIの活用拡大に伴い、学習データに正解情報を付与するデータラベリングの需要が増えている。
そこで本稿では、ラベル付けにおける効率化手法であるアクティブラーニングを解説し、ラベル付けコストが高く、課題となっている医療分野での活用事例を紹介する。
医療・ヘルスケア | AI(人工知能) | 医療・ヘルスケア | AI | 機械学習 | デジタル化・DX
2021年2月25日

連載:The Future of Food 2030(6)
~食の未来を支えるデジタルツインサプライチェーン~

NTTデータは「第1回フードテックジャパン」(2020年11月25日~27日 幕張メッセ)にて特別講演「食の未来を支えるデジタルツインサプライチェーン構想」を味の素(株)、LLamasoft(株)、(株)クニエと共に行った。本稿では、日本の製造業におけるDXの動向から、食品業界におけるサプライチェーン改革の先進的事例の取り組み、それを支える技術・ソリューションについて、講演動画とともに紹介する。
製造 | 食農・農業 | AI(人工知能) | IoT | ビッグデータ・BI | 製造 | 食農・農業 | AI | IoT | ビッグデータ | BI | フードテック | パーソナライズ | スマート工場 | デジタル化・DX
2021年2月17日

お客様事例

非対面チャネルにAIで革命を

~コールセンターのデジタル化と将来のコンタクトセンター構想~(DATA INSIGHT>>)
AI(人工知能)

医療現場を支えるNTTデータのAI画像診断支援ソリューション

AI画像診断支援ソリューションを用いて、CT画像等の膨大な医療画像を自動的に診断し異常を検知。
放射線科医の負担軽減に寄与。
医療・ヘルスケア | AI(人工知能)

ビールの「濾過計画業務」を
デジタル活用で1/6に効率化

1日最大6.5時間を必要としていた熟練者による業務が最短55分に短縮
製造 | AI(人工知能)

ラインナップ

お客様のソリューションに合わせた開発とともに、パッケージの提供もしています。

Informatica Data Engineering(旧称:ビッグデータソリューション)

円滑なデータマネジメントを実現するデータ統合ソリューション
インフォマティカはデータ統合ソリューションです。分析業務の80%は分析前の準備作業と言われており、分析に最適なデータを準備するためのデータマネジメントが重要です。Informatica Data Engineeringは分析に向けた「ソースシステムからのデータ連携・統合」「データの見える化・探索」「分析データのセルフ加工・準備」を実現するソリューションです。
AI(人工知能) | ビッグデータ・BI

MediaSearch+™

放送やインターネット等の膨大なデジタルコンテンツから特定のコンテンツを瞬時に検出
「MediaSearch+™」は、これまで培ったFingerprintやAI等のテクノロジーを活用し、お客さまの利用目的・課題に応じたメディア探索をご提供するサービスです。放送やインターネット等の膨大なデジタルコンテンツ(映像・画像)から特定のコンテンツを瞬時に検出し、お客さまの業務効率化やサービス向上を実現します。
通信・放送 | AI(人工知能)

DaTa TransLoader®

工場内データを柔軟に連携、活用
「DaTa TransLoader」は、ファナック株式会社が提供するFIELD system内に保管されている工場内各種データを必要な時に、必要な形で出力するためのツールです。 本ツールでは、高度なデータ活用を実現するため、データを多様な条件に基づいて「抽出」し、外部での活用に適した形式や項目に「変換」、さらには多様なプロトコルとフォーマットで「出力」するための機能を提供します。
製造 | AI(人工知能) | ビッグデータ・BI

災害時エリアモニタリング自動化ドローン

国内随一の実績を誇る自律飛行ドローンによる映像情報収集配信システム
防災ドローン自動航行システムにより、災害発生時に避難道路や構造物などの被災状況を迅速かつ網羅的に把握することで、行政機関やインフラ事業者等の災害対応業務の高度化を実現。同時に多数のドローンを自律飛行させ短時間で必要十分な映像を収集し、一元的な管理のもとで関係先に配信を行います。AIによる映像解析、ドローンによる物資搬送といった機能も提供します。
官公庁・自治体 | 電力・ガス・水道 | AI(人工知能) | ロボティクス | 防災・危機管理

iCrawler®

AIで手作業による検索、内容確認、情報整理の効率化・高度化を実現
インターネット/SNSなど社外データや社内に点在している非構造データを、目的に応じた手法で自動収集し、自然言語解析によりデータの意味を解釈します。意味づけされたデータを分析、加工したりダッシュボードへ一括表示することにより、法人審査や営業支援をはじめとする様々なビジネスプロセスの自動化・高度化に寄与します。
金融 | AI(人工知能) | ビッグデータ・BI

iTreasure®

個別管理していた顧客情報・営業情報・技術情報を統合管理
社内外に個別管理されている顧客情報・営業情報・技術情報を段階的に統合管理・関連付けすることが可能なソリューションです。情報を横ぐしで横断検索することが可能になるだけでなく、個別管理していた際には見えなかった関係性や情報に気付き、新たなビジネスチャンスの創発につなげることも可能となります。
金融 | AI(人工知能) | ビッグデータ・BI | 文書管理

Com Analyzer™

表情や感情、声から印象を見える化
本サービスは動画から話し手の表情、感情および声をデジタルパラメーター化し、話し手の印象値を算出、レポートを作成するものです。利用者はスマートフォンなどのカメラデバイスで話し手を撮影した動画を本サービスウェブサイトにアップロードするだけで分析レポートが作成されます。利用者はレポートをダウンロードし、スマートフォンやパソコンで閲覧することができます。
金融 | AI(人工知能) | ウェブサービス

Customer Engagement Hub

コンタクトチャネルデータを統合・分析、トップライン向上に寄与
お客様との接点であるコンタクトチャネルはコールセンタ、WEBサイト、メール、チャットなど多様化が進み、各チャネルごとに分散蓄積された応対履歴データの統合的な管理と経営資源としての活用が求められています。 本ソリューションは、AIとNoSQLDBを活用して多様化しているコンタクトチャネルデータを統合・分析し、業務効率化やマーケティング戦略、商品・サービス企画といったトップライン向上に寄与します。
AI(人工知能) | ビッグデータ・BI

DataRobot

高精度の予測と自動化を実現する革新的な機械学習プラットフォーム
高精度の予測と自動化を実現する革新的な機械学習自動化プラットフォームです。世界トップレベルのデータサイエンティストの知識や経験、ベストプラクティスが組み込まれており、機械学習を実施する上で、これまでにないレベルの自動化と使いやすさを提供します。
流通 | 製造 | 金融 | AI(人工知能) | ウェブサービス | ビッグデータ・BI

AICYCLE

より高い頻度でAIの予測モデルを更新し、予測精度の低下問題を解決
AIが予測を行う際の判断ロジックとなる「予測モデル」を、さまざまなビジネス関連データや、AIの予測結果・実績(予測と実績の良否)データを用いて自動的に評価・更新することにより、予測精度(予測モデルの品質)を維持する技術です。
流通 | 製造 | 金融 | AI(人工知能) | ビッグデータ・BI

AW3D® 全世界デジタル3D地図

世界で初めて世界中の陸地の起伏を5m解像度で表現したデジタル3D地図
衛星画像を活用し、圧倒的な提供スピードとコストの効率化を実現した0.5~5m解像度の高精細地形データです。現場のニーズに合わせた豊富なラインナップで、実用性に優れたデータを提供します。世界125ヶ国以上の幅広い分野のソリューションへ活用されています。
AI(人工知能) | GIS・GPS | 防災・危機管理

WinActor英語版

PC操作を自動化する“仮想知的労働者”
ExcelやWord、AccessなどのOffice製品やIE、ERP、OCRなど、Windows端末から操作可能なアプリケーション操作を学習し、PC操作を自動化するソフトウエア型ロボットです。投入データを準備して実行ボタンを押すだけで自動的に操作を行います。稼働・コストを削減し、事務ミスを防ぎます。
製造 | 金融 | 電力・ガス・水道 | AI(人工知能) | ERP(統合業務)・経営管理 | ロボティクス

スキャニングロボ

世界一のスキャン技術が支えるスキャナロボット
スキャナ技術で世界一を誇るKodak Alaris社との業務提携に基いて展開するスキャナロボットです。大型から小型まで、幅広いラインナップを誇り、金融・公共・法人はもちろん、海外でもご利用いただけます。低価格ですが高品質で、ペーパレス化はもちろん、各種入力業務の自動化によるコスト削減やミス低減、時間短縮に寄与します。NTTデータが誇るRPAソリューション「Prexifort-OCR」および「WinActor」との親和性も抜群です。
官公庁・自治体 | 流通 | 金融 | AI(人工知能) | ロボティクス | 文書管理

Road-Eye

映像解析により、道路で発生する異常事象を管理者・利用者に通知
道路監視カメラの映像を解析し、異常事象(落下物・渋滞・停止・逆走・人や動物の侵入等)を道路管理者や利用者に通知するシステムです。従来の目視による監視に加え、システムでも自動監視することで、監視負荷軽減を実現する他、初動対応の迅速化により利用者のヒヤリハット、二次被害を防ぎ、安全対策向上に貢献します。
官公庁・自治体 | AI(人工知能) | 防災・危機管理

RPAソリューション Windows操作ロボット「WinActor」

オペレーターのPC操作を記録・自動化し高速で再現
Windows端末で操作可能なアプリケーションへの繰り返し入力作業をRPAにより自動化するAIロボットです。Excelやブラウザからワークフローなどの業務システムまで幅広く対応。操作を規定するシナリオの作成も容易で、プログラミング知識は不要です。システムを改修することなく、入力ミスをなくし業務を効率化します。
個人のお客様向け | AI(人工知能) | ERP(統合業務)・経営管理 | アウトソーシング | ロボティクス | ワークフロー

法人審査ソリューション

多様なデータの自動収集・自動判定で審査業務を効率化
審査先の企業や店舗に関するあらゆる情報を、Webサイト・SNS・社内既存システムなどから自動収集・解析し、独自の審査ロジックによる自動判定を行うことで法人審査業務をサポートするソリューションです。初期審査では「受付・情報収集・判定・決裁」を一貫して行い、途上管理においては不正の早期発見を実現します。
AI(人工知能) | ビッグデータ・BI

Prexifort-OCR

入力ミス削減と業務効率化を実現する帳票OCR
スキャナーから取り込んだ画像データから文字情報を抽出、テキストデータに変換するOCR認識ソフトウェアです。申請書や伝票などフォーマットの決まった帳票の読み取りを行う帳票OCRとして、高い認識精度を有しており、幅広い用途への適用と多彩な機能で、データ入力業務の効率化を実現します。
官公庁・自治体 | 金融 | AI(人工知能) | ロボティクス | 文書管理